Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
最終回は長石マジックにかかってしまうな〜。


超力戦隊 オーレンジャー
↑あ。DVDは4月発売でしたわ。



な・・・長かった・・・。

やっと、全部見終えることができたよ。オーレン。

世紀の?失敗作というレッテルのせいで、どんなダメ出しをしてやろうかと息巻いて見ていたわけだけど、終わりよければ全てよし!とはこの作品のことを言うんだと。
最初の・・・6話ぐらいかな・・・までは結構軍隊戦隊してたので、硬派なイメージであったんだけど、そこからは、どんどん坂道を下るように、ロボにエアロビさせるわ、オーイエローにキンキンなまでに黄色の水着にガンベルトやアーミーブーツやはちまきを巻いた恐ろしいスタイルをさせるわ、軍隊に子どものお守をさせるわ、コスプレさせるわ、かなーりしょうもない展開してかなり迷走してるぜ。もう、売れないコントを見てるようじゃった。しかも、無意味なまでにロボ・メカが出る(合体前と後を別モンだとして計算すると15体!ガンマジン入れたら16体!!)し、最終的に、何で出したのかもわからない神頼み的存在のガンマジンまで出てきてしまった!何じゃそりゃ!しかも声、神谷さんだしよー!
そのなかで、やっぱり参謀長は、古狸ぶり(本人が劇中で言ってたからいいよね。)を発揮して、ぶれがない。さすが。オーレンジャーたちはなんか流されるままにあ〜れ〜って感じだったけど、参謀長はみやうちくんがやってるだけに、常に笑いの殿堂入りなので、話の展開が、ギャグ化しようが、シリアス化しようが、一切お構いなし。・・・ある意味すごい。もちろんオーレンでもかかってしまう、世界一の美女の催眠光線すら参謀長にはかからないと来たもんだ。気合だ!気合だ!気合だーーー!!か、おい。
もちろんいろいろと面白い人が出てたりするから、それはそれでいいとこもあるのですよ。前に書いたけど、さとう玉緒はかわいいよ!あと、最新版水戸黄門で格さんやってる合田さんもかわいいよ!それに踊る大捜査線の斉藤暁氏が日本一運の悪い家族のお父さん役で出てるし、ウインスペクターでバイクルやってた篠田薫さんなんてラブリーすぎるし、まだ幼いころの浅利陽介も見れる。最近ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂかなんかにも出てるよね。ああ、こうやって書くといいとこもあるんだけどな。全体を総合的に見るとな。さすがに疲れる・・・。脈絡なさ過ぎて。

だけど、最終四話は当初のシリアス路線がいきなり復活して、かなりアツい展開に。しかも、安心の長石監督印ですがな。この前の電王最終回の監督も長石監督だったので、王道な終わり方だったしねー。
ま、話は、敵のせいで、力の源・超力が使えなくなり、自然の力を司る存在・ドリンは敵のマシン帝国に殺されてしまうけど、瀬戸際にオーレンたちを宇宙へ脱出させ、オーレンたちは超力の取り戻し方のレクチャーを受け戻ったら、タイムラグで半年経ってて、マシン帝国に地球が占領されてたので、むにゃむにゃといいセリフを吐きつつ超力を取り戻し、敵をやっつけてばんざあいー!なんですけど。このむにゃむにゃのところが、こう、チープなまでにアツいわけですよ。五人の心がひとつになれば、超力は蘇るって、そういうレイアースチックな設定おいらは大好きでんがな。
そのかげで、今までになく参謀長はやってくれてるんだけど。ガンマジンを呪文無しで呼び出したり、生身オーレンでさえ苦戦する雑魚兵を素手で殴り倒すし、瓦礫の下敷きになったのにいつの間にか脱出してるし、ああ、おいしいとこもってくなよ〜!そんなんだから、将来の番場壮吉(スーパー戦隊シリーズ二個目・ジャッカー電撃隊の行動隊長)って言われるんだよ。
| うるちまい | 15:52 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 15:52 | - | - | - |
Comment







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin