Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
とことん耐久レース
先週BS2でえんえんと「とことん!石ノ森章太郎」をやっていて、最終日にはみやうちくんが出るという…。ほんとこんなんばっかりねぇ出るの。
てことで土曜日、そのBSをみるためだけにおばあちゃん家のテレビを深夜三時まで陣取り続けた。


最終夜は仮面ライダーシリーズを延々流すというほんと耐久力の試されるラインナップで、平成シリーズだけが好きな人は夜遅くまで待ってなくてはいかんのでまさに苦行?しかもどうやら生放送なので出演者も耐久…。ひでぇ番組だ。
だが乗り切った!ガッツ!
客演のせいで、ZX(これでゼクロスと読むらしい)というライダーまで見たことあったけど、BLACKは見たことなくて初めてみた。80年代のスタイリッシュな感じなのにダサいイメージがすごくする。うわー。悪ライダーのはしり、シャドームーンとやらはすごくかっこいいとは思いつつも。うちは昭和ライダーの70年代に撮ったんだね、っていう画面からにじみ出てる雰囲気、自分の知ってる過去のさらに前なのに感じるノスタルジー感が好きなんだろうなとちょっとおもった。
ライダー好きってことでライダー出演者のほかにスカルマン漫画家の島本和彦やら鈴木美潮やらも出ていた。が、暑苦しい島本氏。おちつけ!漫画家なだけに石ノ森原作の解説とやらをするんだけど、だんだん興奮してきて「いしのもりーー!!(ガッツ!)」でシメる。誰だよこんな変な人つれてきたの。そんな一人で興奮されても困るわい。
美潮さんは特撮系のイベントを月一単位でこなす驚異の新聞記者だが、うちは厳密に言うと特オタじゃなく、みやうちくんが出てるせいでよけいな知識が増えるマニアなんでそのようなイベントには行ったことない。ので勝手に妄想するばかりだったんだけど、思ったより若くて美人さんだったので安心した(なにがだ)。結構論理的な展開をしてくれるのであつくるしい島本さんとばんばん質問から逸れていくみやうちくんという意味不明パワー全開おじさんズ(じいさん?)の中で唯一のオアシスでした。平成ライダー代表半田くんが何となくかわいそうだよ…。もっとふってあげなよ。みやうちくんかまうと暴走するから。

進行アシスタントとしてあみにぃもいたが、いらない気が…ちゃんとしゃべれてないし…だめ?ほかの夜よりマシって噂もあるが。




やっと番組終わったと安心してたらなんと今日からスタートの新昼ドラ(しかも東海テレビ!)花衣夢衣にセミレギュラーで出演するとのこと!!ぐわ!ビデオがぁ!!何で公式サイトストップしたままなのだー!早く何とかしてくれ!




で、日曜日、おばあちゃん家だから衛星が見れてしまう!てことで、真っ昼間から時代劇!題名は「沖田総司〜華麗なる暗殺者〜」で、なななんと郷ひろみが沖田総司をやってる恐ろしい時代劇だよ!なんともすごい端折り方をしていて、沖田が芸者に恋するとこから始まって池田屋の変はやるけど蛤御門の変はぶっとばし、山南さんの切腹は時間の都合で切り捨て御免に変わり、隊士は監察の山崎しか出ず、近藤勇に至っては1シーンも出てこず、総司は女と駆け落ち同然で維新志士から逃げて終わり!なんだよ。ひどい番組。どこが華麗なるでどこが暗殺者なわけだ?郷ひろみはどこまでも郷ひろみにしか見えないし、殺陣はなんか下手だし…。しかも当時流行したと思われる狭い月代なんてだれもしてない!沖田くらいはやりなよ!志士の浪人方は許すとしても…。まあ、池田屋で沖田・ひろみに腕をズバッと切られて自害するみやうちくんがすげぇよかったから良しとするか。実年齢の割には青年剣士役っぽかったし。白い着物に紺袴はよいです。二階から飛び降りてそのまま型に入るなんてさすが!




夜はさらにぶっ続けで魔界転生というのを見た。ジュリー版でもなけりゃ窪塚版でもない。一番マイナーなヤツ。緑の血がざばざば出るヤツ。Vシネだから?なんか妙にエロいシーンばかりなんだけど。魔人に転生するには魔界の女を抱かなきゃいけないらしいので必然?しかも女が転生するときはどうすんだよ!っておもったら天狗の張型を使いなされってあーたね。
みやうちくんは宮本武蔵役だった!じいさん!となめてたら、赤メッシュに青いシャドウで妖艶。ぶひ。ほかのやつらみたいにひどくない!なのに衣装は白着物に赤いちゃんちゃんこに赤フン。しくしく。おめでたすぎだよ…。しかもほかの奴らは自分の欲のために魔人になるけど武蔵は柳生十兵衛と戦うために転生する変わり種。ほっ。みやうちくんの生首なんて滅多にお目にかかれないから新鮮っちゃ新鮮だった。声じいさんっぽいのでじいさん役は似合うなあ。しみじみ。
なんか話がもたもたと進行するなぁと思ったら二本立てだった!ばいーん。でも見ない!





快傑ズバットで見てない巻があったからみた。すごく話がよかったのたが、エンディングを見てたら…すべての余韻がぶちこわし。この作品小林旭の「渡り鳥シリーズ」パロディなのでオープニングでセスナに乗ってやってくると思ったらエンディングでは馬に乗って去っていくんだけど、その馬の尻から…ぷんっ!て。ぷんって!うぎゃ〜〜〜〜!!!気づかんかった!というか気づきたくなかったぁ!






この土日、いかにヤツしか見てなかったかがしれようというひどい日記でした。
| うるちまい | 09:53 | comments(2) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 09:53 | - | - | - |
Comment
おっとぉ。かなり昔にやって来ましたぞなもし。で、こんばんはw。

 いやぁねぇ、『いい加減なリスト』からやって来たんですけど、この1つの日記で複数をやっつけてしまてるのですね(笑)。

 なぜこちらにたどりついたのかと言うと、やっとこさ『華麗なる暗殺者』を見たちゅうか…いわゆる「みやうちくん抽出大作戦」を決行していたのですけど、もしかして端折りすぎた?早回ししすぎ?で残ったのが・・・OP・ED込みで10分ちょい。これで量的にあってまっか?違うよ端折りすぎって言われても、いまさらどーしょーもないけどね(汗)

 宮部氏についても調べちゃったりして。ちょっと博がつきましたかねぇ。
 そんで、大作戦決行しながらネットを読みあさり(笑)、池田屋事件に行くまでに宮部氏の顛末をある方のブログで読んでしまいました(泣)。またもや途中殺され退場な役やったんかいなぁ。って、うるさまの読めば分かりきってるんですけどねぇ(笑)。
 宮部氏について書かれているのをみると、最期は割腹だったとか。そんでもって享年45歳。。。なので青年剣士ではないもよう。
 まあ、みやうちくん見てればそう思っちゃうけどね。私が思う一番美しい三十過ぎのみやうちくん。たとえ数分でも、セリフがほとんどなくっても、最期の扱いがめっちゃよかったから。。。私もヨシとしました、この作品のみやうちくん。何様な書きよう…おゆるしあれ。って毎度の事(爆)?
Posted by: あかいろ | at: 2008/12/22 8:45 PM
>あかいろさま
はいな〜。こんばんわ。
最近チラシ制作が祭まくりまクリスティなんで・・・メッセはもうちょっとお待ちを。

久々の抽出大作戦で10分でしたか。ふむ。まぁこれは今思えばなかなか良い方なんですがねぇ。ちゃんとセリフがあって立ち回りがあって見せ場もあるわけですから。それにこれだけいいやられ方をすると清々しいですしね。
とはいえ、あまりにも史実に忠実でない端折りかたにはやっぱ・・・とほほ。

宮部氏はちゃんと実在してたことになんか驚きです。作ったキャラかと思ってた(爆)。
まぁたとえ45歳でやったとしてもみやうちくんなら青年剣士で通るかもしれない・・・こわいこわい。
Posted by: うる | at: 2008/12/22 11:27 PM







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin