Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
DVDボックス買おうか悩み中。


キイハンター

なんですよ。キイハンター。これも東映がレンタル商品として動き出さないからだよー。くそー。3万もどこから捻出すりゃいいのさ!でもみたひ…。千葉真一も谷隼人も丹波哲郎も野際陽子も川口浩も…みやうちくんも!


今頃気づいて大変ショックだったのは、電王でキンタロスの声優やってるてらそままさきさん、ソルブレインにラスボス・高岡役で出てるじゃないですか。寺杣昌紀なんて漢字で書かれてたからまるでノータッチだったい。この瞬間からうちの中でモモとキンが同列になったよ。しかし、見直して声聞いてもいまいちぴーんとこない。さすが声優!宙ぶらりんの撮影大変だったろうなぁ。しかもソルブレインが唯一?救えなかった人間。おいしすぎ。

バトルフィーバー見直したら南ちゃんがいた!当時は日高のり子じゃなかった上、アイドル声優ですらなかったんだ。おどろきもものき。…まあ関根勤も山本リンダも特撮番組出てるからそうでもないか。それにしても二代目ミスアメリカよりかわいいと思ってしまうのがにくい。メイン諜報員はもう一人いるがそっちのほうはなんだかちょっとケバい…。

今日ぶんたったした。…えっと、菅原文太の映画を見ることなんですけど…。見たのは「組織暴力兄弟盃」というやつで。…またバカにされる気配がする。
菅原文太やくざ最前線映画はマンネリなのかどうかは知らないけど、やくざ映画はかなりいつも通りなストーリーであった。そこがいいのか。まぁ安心◎だよね。じゃ、様式美と捉えます。だけど時代背景が、戦後まもなくの、喧嘩すれば何とかなる混乱期から、組織を作って地上げしたり金を横取りした奴らをリンチするのから何から何でもする(これを劇中では弱いものの味方とか、私設警察とか言うとった。)現代的?なやくざにかわるっていう感じをもっと描き出してもよかった気がするんだが…。仕方ないか。主人公捕まって3年ムショ暮らしだし…。
それにしても山城新吾とか丹波哲郎とか意味もないけどすごいって配役が多いのは東映だからなんかなあ。なにがなんだか。それもこれもメインキャストの脇でうろちょろするみやうちくん23才がいけないんだ!(お門違い)下っ端チンピラBとかのくせにぃ。でも髪型と声ですぐわかるうちはきもい。


ジブリが大ゴケした?「ゲド戦記」の原作を会社の行き帰りにちまちま読んでます。映画はなんとなく見てないからまっさらな状態。
たぶん映画見なくて正解だった気がする。読んでて思ったのは映像にするにはちょっと荷が重いというかなんというか。指輪物語のエルフの森のような神秘の映像世界と精神の世界が混在していてどっちかだけを再現すればかなりチープになってしまうのをル・グウィンの文才でまとめあげてるから、かなり天才じゃないと無理やろ!ってな。しかもなんで3をやったんだろう。1か2がやりやすかろうに。
もうちょっとで外伝まで制覇するぜ。しかしこのシリーズ、ゲド落ちぶれ物語なのか、テナーの大草原の小さな家ごっこなのか…。なんというかゲドの住んでる世界史を読んでるみたいだ。しかも登場人物少ないはずなのに混乱する。うちはいつのまに一人称の小説しか受け付けない体になったのかしら。
個人的にはテハヌーが好きだなぁ。あの超人ぶりと戸惑いぶりのバランス。は。これはまるで悩めるヒーローの図じゃん。いかん浸食されすぎとる。もちろんゲドとテナーの愛の巣編もいいかと。でも読んだ瞬間奇声を発したあのシーン。ゲドが男だとこれっぽっちも考えてなかったからなぁ。2巻でちょめーがなかったから二度とないと思ってたばっかりに裏切られたよー。
| うるちまい | 17:01 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 17:01 | - | - | - |
Comment







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin