Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
これで決まりさ!?
うちの80年代ドラマ見たくない症候群を打破するぞ!と勝手にただならぬ決意を漂わせ、ただただ突き進み、ただ同然というわけにはいかないが、借りました。はい。「ハイティーン・ブギ」。
名前からも、もっさりとマッチ臭が立ちこめてまするが、その通り!ジャニーさん企画の、マチャ彦映画だよくはー!(いつの間にかマサルさんになってる!?)一応のくくりはたのきんトリオ映画だけど、他の二人は脇に押しやられてたからやっぱこれでよし。
うちが知ってるマッチの曲がことごとく映画のタイトルで主題歌だったとは知らなかったぜ。ふつうの売り方じゃなかったんだねー。ふーんふん。


ストーリーは↓ね。
暴走族・スケルトンズで頭をはってる藤丸翔@マッチは、暴走族間の喧嘩で怪我したところをモモコに助けられる。一目惚れ(たぶん…)した翔は猛烈アタックをかけるがモモコは翔がリーゼントと族をやめたら考えてもいいというつれない返事。翔はモモコのために今まで生き甲斐だったものをすてたが、族仲間は捨てられた寂しさで、しかえしをしよう、と息巻き、モモコを誘拐・強姦してしまう。翔はかつての仲間からそのことを聞き、急いで駆けつけるがもう後の祭り、怒りに任せ、後任の頭・鳴海重@田原のトシちゃんに喧嘩を売るもボクシングのプロなので、かなわない。が、重がパンチを返すと、それは空を切って固い壁を殴ってしまう。重の手の骨にはヒビが入り、もうボクシングを出来なくなってしまった。一方翔は、ぼろぼろになりながらも何とかモモコを翔の自宅に連れ帰るも、目覚めたモモコに卑怯もの呼ばわりされてしまう。モモコは翔のうちを飛び出し、濡れねずみな猫を拾って家に帰るものの、モモコを引き取っていたおばさんはネコは嫌いだと難癖をつけ、これ幸いとモモコを追い出してしまう。モモコは必死で住み込みの仕事を探し始めるが、あるはずもなく、翔の説得を聞いて一緒に住まわせてもらうことに。暮らしてみると翔は意外と優しいし、かわいいしなのでモモコもだんだん心を許すようになる。
ある日翔はモモコを父さんに見せたいと実家へ連れて行った。行ってみると大豪邸。なんと大手デパートのお坊っちゃんだったのだ。父は翔に跡を継いでほしいと思っているが、翔は父の独断的なやり方に反発して家を出たのだ。久しぶりに再会しても独断的な父はモモコとの同棲も許すはずがない。翔は「俺は俺の道を行く」と大見得を切って出て行くが、怒った父はマンションを売り払ってしまう。坊っちゃん育ちで高校中退の翔には仕事もなく、二人は苦しい生活を続ける。その頃、重はスケルトンズを解散、ボクサーの夢を捨てて、ライダーを目ざしていたが、レースチームの監督はポイントがないズブの素人はダメだと断る。
苦しい野宿生活を送っていたふたりは、サミー@よっちゃんに久しぶりに再会し、ガソリンスタンドの仕事とアパートを紹介してもらい、二人だけの城を得て、つかの間の平和生活が訪れた。そんなときモモコが妊娠してる事は分かる。あの事件の子だと分かっているが、モモコにはそんな事はいえない。最初は降ろせと言うものの、結局翔は子供を自分の子として育てる決心をする。サミーはガソリンスタンドをクビになった翔を自分のバンドに誘い、ロックコンテストに向けて始動した。子供のためにと仕事を増やしさらにバンド活動まで、翔はついに倒れてしまった。翔パパはモモコを訪ね、翔を二年間アメリカ留学させ、それから結婚を認めると話す。二人を分かれさせる手だと分かっていても、その夜、モモコは翔の元をそっと去った。
モモコがいなくなってしばらく経ち、ロックコンテスト当日が来た。緊張で歌えない翔だったが、満員の客席にモモコを見つけ、モモコに向けて「MOMOKO」を熱唱する。そんな中、会場にステージを壊そうとかつての仲間乗り込んで来た。重は翔の晴れ舞台を壊さないよう、一人で闘う。が、あの時痛めた拳はまたしても不吉な音をたてた。歌が終り、スタンディングオベーションの中、席を立つモモコを追い、翔は強く抱きしめた。さらに翔のバンドはグランプリをとったのだった。
数日後、全日本グランプリサーキットで、重は先頭を走っていた。だが、右手の利かない重はコーナーリングに失敗、クラッシュ・・・ハイティーンブギ!


たのきんトリオ、今のお姿を考えると信じらんないくらいかわいい(笑)

↓トシ・マッチ・よっちゃんくはー!


特によっちゃんあんただよ!ほんとちょこまかしててかわいいのなんのって。弟にあんなのがいたら毎日楽しかろうて…でも将来は…まぁいいか。トシちゃんはややワルかっこいい系、マッチは全力少年+困り眉毛でとてもいいんだけど、やっぱ正統派よりはずしたところを取りたいねおいらは。みんなカミセンがいいというのに一人でトニセンがいいという、みたいな。しかし、あれがこうなるなんて…誰が予想しただろう。アイドルはこえーなぁ。

最初の一時間は二人が出会って一緒に暮らすまでを至ってフツーに描いていた…はずだったが、後半、主人公二人の初チューを境にいきなりプッツン来てしまい、ミュージカル調なマッチのプロモと、バンド練習という口実でよっちゃんとキャンキャンという映像がどっかんどっかん流され、よっちゃんはほんとに楽しそうにギターをチュインチュインいわし、トシちゃんはなんか歌謡番組に出てるの?になってしまう。なんだこりゃ!





しかもダンサーの振り付けはやっぱり80年代、セットも今じゃNHK幼児番組しかやらなそうなセットでアボーン節炸裂しちょる。…アイドル映画ってこんなんやったっけなぁ?
だけど、一応キメるところはキメるぜ!って感じなので最後トシちゃんの役・重はレース中クラッシュして宙を舞う。そのシーンはなんとハイティーンブギを歌うプロモな映像と交互に流れ、歌が一瞬ブレイクするところでクラッシュするので…え?…!!!っトシー!ってなる。歌が陽気なだけにものすごいギャップがあるが、そのギャッブが全然ヤな感じではなく、むしろ突然の悲劇にふさわしいとさえ思えてしまう。うまいなぁと思ったよほんと。
いくら棒読みチックでも変なミュージカルはいっててもこのシーンがあったからシマる感じがしました。が、現実的に考えると、あのままじゃ主人公たち生きていけなさそう…。愛さえあればという青春ものはキラキラまぶしいが、素直に見れないのはうちがスレてしまったからかなぁ。だって絶対子供生まれたらもう一悶着あるだろうに。
子供といえばおなかの赤ちゃんは翔の子だとモモコはいうが、二人はおなかに子供がいたと知った時点ではまだキス止まりだったような…ということはモモコは強姦の事実を知っててあえてそう考えようとしてることになり、必死に翔が隠してるのは実は無意味?ほほう。やっぱこの二人、将来大戦争だぜ。


「マジでちょい役だぜ!とうわさのみやうちくんはピンクジャケットが死ぬほど似合わない」という前情報を入手しつつ見たわけだが、



ホント死ぬほど似合わねぇ…orz
どっから来たですかこのセンス。なぜピンクの下が赤シャツなの?ねえねえ?下は何で白パンなの?
…と思ったんだけど、こんなカッコした競馬マニアのおっさんってたまに見かけるような…こんな帽子もかぶっちょるし。



…もしかして…ありなのか…?いや!やっぱない。見た瞬間吹くシーンじゃないのに吹いちゃったもの。それにレースチームの監督ってツナギじゃねえの?おやっさんみたいなさー。
ま、とにかく、膨張色はダーメーねー!っとな。

ホント1分あるかないかだったから大したこと書けないのだが、トシちゃんが「もう頼まねぇよ…!」と捨てゼリフはいて去ってくシーンの後ろでみやうちくんの顔に「最近のガキゃあ…(怒)プン!」って書いてあるように見えるんだけど、あれは果たして本当に演技だったのかな?ニヤリ☆
| うるちまい | 00:39 | comments(10) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:39 | - | - | - |
Comment
うる様、こんばんばぁ〜!(関係ありませんが、「ジャッカー」レンタルでイッキ視聴しました・・・もちろんみやうちくん登場からですが。すみません。)

いやぁ〜当時のたのきんはすごかった。と思う。中学くらいだったんだけど、皆といっていいくらい女子は、下敷きに切り抜きとかはさんでたもんね。
私には無縁の世界ぃ〜。声優に走ってましたから・・・和彦様〜でした。(爆)
だから映画など興味もなく、みやうちくんもスルーしてたんだ。
1分足らずの出演時間かぁ。映画視聴ごくろうさまでした。

服装がピンクだろうが赤だろうが、カッコよく見えてしまう私はもう重症です。
最近宮内病、悪化の一途をたどっていて、ときどき息をするタイミングさえおかしくなってしまうのです。なんか涙もろくなってきたし。(誰にも言えやしない)こちらで告白するしかできない話です。
やっぱりバースデーメッセージなんか贈るのではなかったわ。

これから80年代の作品紹介が増えるのかしら?楽しみにしています!
まさに青春時代でしたから。でも無理はなさらないでね。
Posted by: あかいろ | at: 2008/06/17 11:48 PM
>あかいろさま
こんばんば。レスありがとうございます。昨日徹夜だったので返事書くの遅れてしまってすみません。ぺこり。

じゃっか!テッテッテレッテレ♪もーえーる…おっと歌ってしまった。番場壮吉まで行くとマジで戻ってこられなくなるというに(笑)。どうでしたか番場さんのお味は?感想ぜひ聞かせてください。うちはだいーぶ前に書いちゃったんで…。
あら。うちもジャッカーは番場が出てくる4巻からしか見てなかったりします。映画のほうはもちろん見ましたが。見る前に電波事件の一端をネットでひっかけてしまったので見る気がなくなっちゃって…。役柄に罪はないのになぁ。まぁ、いいや。みやうちくんいないし。(おいー!)

青春は和彦さんですかー。そうかそうか☆…今カカシかな?
うちは小学校の時ですね。声優さんにウハウハ言ってたの。特に緒方恵美が好きでした。ニュータイプかなんかに「緒方とデート」という企画があって友達と延々デートコース考えましたっけ。(もちろん考えるだけ。)
中学の時はもちろん周りがタッキーか松潤・うちはスターウォーズかアルフィーで、時代を10年以上サバ読みした怪しげクンでした。…あかいろさまと近…くはないか。SWだもんなぁ。
Posted by: 帰宅中うる | at: 2008/06/19 12:34 AM
うる様、お仕事お疲れ様です。
徹夜の次はそんな時間に帰宅中ですか、体大丈夫ですか?若いから大丈夫かv。

本文内容とまったく関係ないのに、話をふってもらったのをいいことに感想を書いてしまいます。
ちなみに、本放送はちゃんと見ていました。巷では、みやうちくんが主役をくってしまった的なことが言われていますが、まったくそのとおりでした。というより、他の4人にヒーロー的オーラーを(私は)全然感じなかったのが正直な感想です。
オープニングから飛ばしていますが、それはみやうちくんのせいじゃないだろうし。意図的にスタッフが作ってますよね。突っ込まれること分かっていながら。
みやうちくんファンの視点からだからか、V3やズバットのように(本当の)主役じゃないから、それくらいの露出度を期待しながら見ていたら、やっぱりすごーく物足りない感いっぱいで。。。で、結果、適度な露出度じゃなかったのでわと。(世間(ってどんな世間なんだかw)がいうほどのことでは(私は)ありませんでした。)
とはいっても、29話・32話・33話などは何の番組みてるのか分からなくなってしまって、最後の方で「名乗り」が始まり「そっか、ジャッカー見てたんだ」と思わず苦笑い。
みやうちくん本当に男前ですよね。早川さんに余裕をプラスしたキザさで、役の触れ幅も半端じゃなく、とても魅力的なキャラに仕上がってます。もう1クール続いていたら、きっと番場さんが一番のキャラになっていたかもしれません。もっともっと見ていたかったですよ。
とっても長くなって本当に申し訳ないのですが、みやうちくんの表情の豊かさには驚かされます。エンディングで4人に薔薇を投げるときの表情と動作、ほんの一瞬なのに引き込まれます。一人一人のキャラに合わせ、全然投げる仕草がちがうんですよね。って、いろいろ書いてたら、番場壮吉に惚れ直してしまった自分が・・・好きなキャラ1番に昇格しちゃったかも。
各話について語ると、きりがないので機会があったらまた話をふってください。そのころには記憶が定かでなくなっているかもしれませんが(笑)。DVDかったほうがよいかなぁ。

そうそう、うる様が書かれた番場壮吉に関する文章はどこなのでしょう。よければ教えてくださいませませ。
本当、書き出したらとまらないぃ〜。ゆるしてぇ〜〜
よろしかったら、次牡丹さまの感想もぜひ聞いてみたいです。
Posted by: あかいろ | at: 2008/06/19 3:58 PM
>あかいろさま
お心遣いどうもありがとうございますー。若干胃腸が…ですが、まだイケイケです。たぶん。

さっそくのジャッカーの感想ありがとうございます。やはり思うことは皆同じですねぇ。あの四人かわいそう…。花衣の公式サイトでマーシー×安藤対談の中にもありましたが、特撮も昼ドラも「大仰なことをいかに自然にやるか」が重要だと思うのですが、それがあの主役?四人組には向かなかったんでしょうねぇ…。そのかわりみやうちくんは一般ドラマに向かない体になっちゃいましたが…。

確かに番場壮吉ってあまり出てこなくてファン的にはもの足りないですよね。ただあの出演量であのインパクトなので、もし一年やってたら、今の戦隊ものの華麗な歴史?はもしかして…と思うとむやみに出番増やせ!なんて言えませんうちには。何年か前のガオレンVSスーパー戦隊で番場の恐ろしさをかみしめましたから。ジョーカーの置き土産はトランプのババより「ん」が多いだけに怖いです。

うちのクソ感想は「逆金獅子塔パワー」という題で2007年10月に書きました。カテゴリーか月間アーカイブからちまちま行くかブログ内検索で行けるかと…。ケータイからなのでURL貼り付けられなくてすみません。
Posted by: 帰宅中うる | at: 2008/06/19 11:26 PM
こんばんば〜。私も今回からこの挨拶を使わせて頂きますv
うるさま、いつもお仕事お疲れさまです。ホントお体にはお気をつけて!(>_<)

私はたのきんトリオに関しては全くの無知識なので何とも言えませんが、
宮内さんのいい感じに微笑ましいお姿はとても気に入りました。いつも画像を
ありがとうございます。それにしてもピンクに赤って・・・wナイス80年代レトロ♪

ところで、上のコメントで嬉しいことにあかいろさまから番場語りの流れを
振っていただけたので、私も便乗して語ってもよろしいでしょうか?
Posted by: 牡丹 | at: 2008/06/22 12:48 AM
>牡丹さま
こんばんばデビュー!どうぞ使っちゃってくださいな。でもうちは使いすぎて若干飽き気味なので、なんか別の挨拶考えたい・・・(笑)
あと、なんか体調に関して気を使っていただいてすみません。汗汗。心はかなーり元気なんですけど・・・ねぇ。でもだいじょうぶですからー!!胃腸斬りー!(死語・・・)


たのきんはさすがに全然分からんチンだったので、調べましたよー。ウィキで。マッチは比較的近年に「ミッドナイト・シャッフル」があったし、よっちゃんはRIDER CHIPSとかあるのでピンでは知ってたんですが、トシちゃんの最近まではわかんないし、さらににアイドル時代までいくと・・・なので、見てよかったですこの映画。みんなワキワキしててほんとかわいかったー。今度夏の秘密を制覇したいなあ。でも、あれもそうとうキてるんだろうなぁ・・・。
あと、みやうちくんは・・・ほほえましい・・・ですよ・・・ね・・・うん?ほほえましいレベルか?これ。やばいまた笑いの境地が・・・ぶふぉ。


番場語り便乗してください♪むしろカキコキボンヌ。すごい細かい突っ込み入ったらあきらめてすっぱりともっかい見直す勢いで待ってますから〜。
あ。ぜんぜん了解取らずにズバッと参上ズバッと書いちゃってだいじょうぶですので、はい〜。
Posted by: うる | at: 2008/06/22 2:33 AM
こんばんば。いつも宵っ張りな私ですが、今日は早い時間にお邪魔します。

たのきんは分からずとも、マッチと言われれば「ミッドナイト・シャッフル」、
私も好きでした♪その曲が使われていた「銀狼怪奇ファイル」ってKinKiの光一
主演のドラマも大好きで毎週見てましたよ。懐かしい〜^^


それではお許しが出たので、ありがたく番場語りをさせていただきますw

ジャッカーは私も主に番場さんが出てくるあたりからしか見ておりません。
申し訳ない話、それ以前はあまり見る気が沸かないと言うか・・・。でも、
「ジャッカー電撃隊」のデザインなんかは好きなんですよ。うるさんも書かれ
てましたが、トランプをモチーフとしているせいか設定の端々にいい意味で昭和レトロなおしゃれさが滲んでいる気がします。JAKQの読み方もいいアイディアだと思うし、変身後のスーツのデザインもなかなか可愛くて好きですし。
クインの愛車とか異様に可愛いいし!やはり問題は、メイン(だった/笑)4人の魅力の薄さでしょうね〜。そこまで戦隊ものが好きな訳でもない私みたいなのには、あの4人だけのジャッカーは、あともう一要素何かないと見る気がしないんですね。敵側もゴレンジャーから大幅に変わったメリットみたいなのも無いですし。
そんなジャッカーをいい意味でも悪い意味でも変えてしまった番場さんですが。私は番場さんが宮内4大ヒーローの中で一番好きです。もうぶっちぎりでトップです。4人が地味過ぎた分、ただでさえとんちんかんな格好が更に目立つ形になってしまったあのルックス・自然と目が惹きつけられるオーバーリアクション・おいしいとこ取りいっぱいの設定・・・そして、恥ずかしくて見ていられずに「もう勘弁してください」と言いたくなる程の素晴らしいキザっぷりなど等、
もう全てがツボでした。私が一番好きな変装は、29話の虚無僧です。あんな
に短い変装時間内にアクションや番場さんの男前っぷりがギュっと詰まってて
何度見ても飽きません。(とゆうか私が和装の宮内さんに弱いだけかも/笑)
そして番場さんと言えば、後年のガオレンVSスーパー戦隊での華々しい復活
劇は本当に爆笑させてもらいました。いつの間に全戦隊のボスになってたんですか隊長!っていうwでも不思議な話、そんなムチャクチャなポジション設定も「まぁ番場さんだし。」で落ち着いてしまったのは私だけでしょうか。「主
役乗っ取り」という伝説を持ち、インパクトのある姿・立ち居振る舞いをし、
そしてその役を演ずるのが「宮内洋」。・・・これだけ揃ったから何となく納得
せざるを得ない気になったのかも。ホント番場さんに関しては何だか騙されて
る様な、マジックにでも掛かったかのように何でも許せてしまえるところが、
私が宮内4大ヒーローの中で一番好きな最大の理由なのかもしれません。

最後に一つ暴露しますと、以前友人と一緒にジャッカーを見ていた時に
彼女が口走った「番場さま可愛いよ番場さま・・・!」という一言がとても印象
深く、私の脳内では痛いことに「番場さま」呼びが定着しています。
いえ、別に馬鹿にしている訳じゃないんですが、なんかこの呼び方が微笑ましくて(w気に入っています。

ホント長々とゴメンなさい!(;_;)
うるさま、語りスペースをいただき、ありがとうございました!
Posted by: 牡丹 | at: 2008/06/23 12:03 AM
>牡丹さま
・・・長!!(笑)
こんないっぱいありがとうございます!お疲れ様でした!さぞかし、灰入り抹茶が飲みたくなった事でしょう。(河内山ネタ。)
というわたくしもいままでダラダラと丑松のだめっぷりを列挙してたんですが・・・。

>銀狼
みてましたかー。実はうちは、光一よりつよポンのほうが好きだったので、金田一の方見てました。当時はお子ちゃまだったので、どっちかしか見れなくて・・・。くすん。学校ではどっち派?見たいな感じだったなぁ。

ジャッカーの衣装やカーデザインに関しては戦隊モノの中でも相当いい位置を占めてますよ。全部の戦隊モノなんて見てないですけど、今のとこ一番好きです衣装は。まあ、若干ピンクがゴツかったけど・・・JACのせいにしとこう。

そしてやはり、番場壮吉・・・!!見たら誰でも一番になるんでしょうかね〜。うちも番場の壮ちゃんが4大ヒーローの中で一番です!
大体うちが好きになる傾向があって、「ばかばかしい事を平気でやってしまうプロフェッショナル」が好きになるんですが、ズバットでまずきて、番場壮吉の極地でうちの心にグサグサときましたから。志郎さんみたいな正統派のままだったらきっとみやうちくんに走ってないだろうというくらいあのキャラがすきです。が、あれ見ると早川なんてフフンってなっちゃう自分がいて正直怖い・・・。冷静に見ると明らかにオカシイと分かっているんだけど、それが快感になってしまうという・・・。番場マジックこえーよぅ!

>番場さま
・・・くくく。なんか脳裏に容易に描けるその友人・・・いい友人ですねぇ。
ためしに妹に「キイハンターの頃のみやうちくん声のキー高いんだけど。」って言ってみたら、「え?V3とおなじじゃん!」ですって。分かってくれなかった・・・。
Posted by: うる | at: 2008/06/23 1:01 AM
うるさま、牡丹さまこんばんばぁ〜。お昼の挨拶が考えられないから、書き込みは夜限定ってことに・・・はならないかなぁ。

牡丹さまのコメントも読むことができて、ありがとうございます。
なんか嬉しいです!こんな会話ができる場所、日常生活の中にはありませんから。あまつさえ番場壮吉を知ってる人なんて・・・だから牡丹さまの御友人とのお話、とてもうらやましいです。

だいだい、ゴレンジャーは知られていても、戦隊ヒーロー物2作目のジャッカーの認知度ときたら、(私の周りでは)とても悲しくなってくるほどで、いくらキャラが立っている壮吉くん(番場さま)でも、見ていた人が少なかったらやはり認知度も・・・(以下略)。もったいない話ですよね。
牡丹さま、私も29話「虚無僧」が一番のお気に入りでした。ぶっ続けで見ていたので、黒髪がやけに新鮮に思えました。

番場さまの良いシーンがたんまりあったので、画像停止して携帯で写しまくったのですが、撮った画像を見ていると、表情がころころ変わっててすっごく可愛いのです。御友人さまのつぶやきどおりに。特に目の表現の変化がたまりません。設定上のせいか、早川健にはあまり見受けられない現象ですね。

うる様。「ばかばかしい事を平気でやってしまうプロフェッショナル」素晴らしい表現ですね。私もそこ好きですね。だからジャッカーの対談を読んだときは、はっきり言って悲しくなったものです。ヒーローキャラをステップの1つにするのではなく、望まれればいつでもヒーローとして帰ってきてくれる、というか存在そのものがヒーローなみやうちくんを愛してやみません。
これは、(決め付けはいけませんが)ほとんどのファンに共通する思いだとおもうのですが。。。どうでしょう。 

しかし、何でもありなのは、「番場さまだから」なのか「みやうちくんだから」なのか、私はだんぜん後者ですが。もう、みやうちくんなら何をやっても納得してしまいますどころか、絶賛してしまいそうです。これも宮内病の1つの症状なんでしょうかね(笑)。
Posted by: あかいろ | at: 2008/06/23 10:09 PM
>あかいろさま
こんばんばー。BBSでもないのにこんなに話が盛り上がるとは…番場おそるべし!

なんとお二方とも虚無僧ですかー!まあ基本変装がおかしいからなぁ壮ちゃんは。あの虚無僧と片目の運転手くらいですよねまともなの。うちは逆にぜんぜんキメてないヤツが好きなので一番はカトちゃんの真似で二番は掃除夫です(笑)。カトちゃんはホントレベルが高いと勝手に思ってるんですが…あんなに似たの見たことないです。そもそもまねする人がいないですが…。そして掃除夫は「しょれ!」にやられた…!うちもしょれ!って水ぶっかけられたい…!
番場時期は万華鏡みたいです。みやうちくんのすべてがあの中にある気がしますといったら言い過ぎでせうか。

ジャッカー対談ってネット上にある戯言っぽいあれでしょうか…?バカにされてる感がひしひしとする…?

>なんでもあり
実は…女番長とか平成金融道見てないから正直わからないんですが…濡れ場シーン見たら怒るかもしんないっす。うち。噂の18禁は実質やってないからだいじょぶでしたが、平然と見れるほど容量でかくないですがな…。もし仮にみやうちくんが生活感バリバリあるオヤジギャグオヤジだったらぜんぜんいいんですけどね…。
Posted by: 帰宅中うる | at: 2008/06/24 12:37 AM







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin