Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
あれ?デジャヴュ??
ああ元の木阿弥。前回のは一体なんだったのでしょうなぁ。といっても始まらないこともあるんじゃい。あ。あと、今日髪切ったんだー。マッシュルームにエクステ付けた感じにしてほしかったんだけど、気づいたら・・・しずちゃんになってる・・・えーん。
というわけで?さくさくっと見たものを書くよ。
今日は「借王 THE MOVIE 2000」でございまっする。哀川翔のアニキでおなじみでありますな。が、翔さんはエリート役だから、ちょっとおいしいぞなもし。




↓ストーリー。
ひかり銀行大阪中央支店の次長・安斉満@哀川翔の義兄が、友人の保証人になったばっかりにシステム金融(融資先を裏で組んでるダミー会社や、提携会社でたらい回しにし、金利をねずみ算式に膨れ上がらせ、破滅に追いやるシステムらしい)の罠にはまってしまい、自殺を図った。命は助かったもののこのままでは生きてても苦しいだけ。そんな義兄をみて安斉は怒り爆発。ちゅどーん。
システム金融の実態捜査に乗り出していた援交ダメ刑事の水沼と、なにかと借金を抱えている怜子といういつもの?メンバーと共に、悪徳システム金融の向井グループから裏金を奪うべく行動開始。
今回は危険を承知で安斉の勤める銀行の顧客リストを使うことにし、偽のシステム金融会社を作り、金融グループに入れてもらうことで会社ごと顧客リストを売ると見せかけ3億5千万をいただくのだ。見事?か?な変装で向井グループの顧問弁護士を騙し、計画は順調…かと思いきや、向井の女であるミユキにあっさり作戦がバレてしまっていた。しかし、ミユキは分け前を貰うことで安斉に協力。こうして、危なすぎる橋を渡り、向井たちから金を巻き上げることに成功したのでした。


なんか見たような人ばかりいるし、全体の雰囲気もなんか似てるなと思ったら、「平成金融道 マルヒの女」と被りまくりじゃないか。どうりで。
二つの作品のスタッフで被ってる人をあげてみたんだけど、
キャスト / 夏樹陽子・宍戸錠・片桐竜次・宮内洋・小林滋央・深谷次郎
監督 / 和泉聖治
プロデューサー / 横山和幸
脚本 / 香月秀之
撮影 / 近森眞史
美術 / 坂本亨大
その他(なんだろうその他って・・・) / 赤坂幸隆
助監督 / 金佑彦
照明 / 三萩国明
と分かってるだけでも14人はいる。こんなにいるんか!と驚いてしまったじゃないか。しかも、同じ金融モノで、悪徳業者から一攫千金だもんねぇ。そりゃ似て当然だわさ。和泉監督って身内としか撮らない、みたいな人なんだろうか?うーん。そういえば相棒も東映が絡んでるし・・・今回も東映俳優二人はいるし・・・。まいーか、しらーん。

哀川翔のエリートっぷりは、鼻血が出るくらいかっちょいいです!



この金手に入れたときのニヤリ具合なんて、悶え死にしそうです(うそつけ)。実録ヒットマンのときはチンピラやくざみたいだったからちょっとな〜バラエティに出てる翔さんの方がいいなぁ〜って感じだったけど、今回は文句なしにステキでありまして、それなのに、毎回お約束の変装するもんだからぼろが出て、どたばたコメディに成り下がって(いい意味で)おり、Vシネ100本の偉業を達成した凄腕スナイパーなだけはあるなーと。翔さんを賞賛ってか(壊死)。その分他の二人は完全に足の引っ張りあい的なコメディタッチをしっかりとこなしているのに見てて痛くないのがすごい。
けど、役者が意外に豪華なのに、システム金融の悪魔のようなこわさが伝わってこないから、安斎の怒りも、金を手に入れた高揚感もちょいと中途半端なのがもったいない。まず、自殺しようとした義兄役にライブマンでブイブイいわしてた?嶋大輔をキャスティングしておどおどした喫茶店のマスターに仕立てたって言うのにヤクザな取り立てシーンは皆無でなんのために嶋さん持ってきたかわかりゃしない。ヤンキー嶋が落ちぶれるぜハッハッハと自虐的な笑いを求めてたんだけどなぁ・・・。ミユキも裏取引して共謀してるが、それがわかるのは最後で、表向きは敵なはずなのに色気もないし恐くもない。宍戸錠をせっかく使ってんのになんかただのおっちゃんと化しててもったいない。不良番長じゃないが、ほってほってほりまくり、やってやってやりまくってくれないとなー。これならVシネ止まりの方がよかったんじゃなかろうかね?ということで狙われた学園に期待しようっと。


渡瀬・片桐・誠のおこぼれと某巨大掲示板で言われがちな最近の御大明神ですが、まあしかたないよね。だってどんなにいい方にいい方に見ても、コレおこぼれじゃね?としか言い様がなかったんだもの今回の出演の仕方は。別にあってもなくてもいいシーンだし、シリーズものならもっとクサレ刑事水沼を陰湿コメディ的にいじっても良いはずだしで、扱いが中途半端なんだよなぁ・・・水沼がシステム金融に携わるきっかけ作りとしても。いかにもスポンサーに頼まれて嫌々入れましたみたいな感じがむらむらとするんで、頼むからもう少し主人公陣に絡む扱いか、おもいっきしエキストラかどちらかにしておくれ。みやうちくんに中途半端は求めてないんだ・・・。
あう。思わず嘆いてしまったじゃないか。一体この状況で何を突っ込めばいいんだか。



百歩譲って何か言える場面を見繕ってみよう。そうだなぁ・・・ダメダメ刑事をあざ笑うのうまいね。セリフだけ長くて大変そうね。あと関西弁は実録ヒットマンの方がいいね。おしまい。(これだけ!?)
| うるちまい | 19:02 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:02 | - | - | - |
Comment







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin