Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
正攻法は時にムカつく
前の日記に書きましたように、(見つけやすいのになかなか見れないという意味で)問題の「サインはストレート」を見ました。



やはり、人権センターなんつーご大層なところで借りたので、単純に映画の批評するだけじゃなく、ちゃんとこの映画が扱っている部落問題というものに関して書かないといけないのかなぁ・・・、と思う今日このごろ。


ストーリーは、貴重なので、ビデオの裏面に書いてあるのをそのまま転載したいのですが・・・。大丈夫だと願って。
青葉高校野球部では、その年、3年生引退後、部員は9人揃わず、キャプテンの上野充とマネージャーの鈴木淳子は、新入部員の勧誘に必死になっていた。
充たちが期待をした加藤直人は、熱心な誘いにもかかわらず、入部を拒み続けている。
あきらめきれない二人は、直人の家を訪れ直人の母親・友美から直人が野球をやめてしまったいきさつを聞く。直人は、中学時代、野球部でエースナンバーを争った田代幸太とは親友であり、良きライバルでもあった。
だが、直人が同和地区の生まれであることから、幸太の祖父・幸蔵と信頼していたコーチの秋山から差別を受け、野球をやめてしまったのだった。
この話を聞いた淳子は、祖父が同和地区の生まれであることから、自分もいつか差別を受けるのではないかと不安になる。思い悩んだ充は、両親に相談し、「加藤君と鈴木さんの心の痛みを自分の痛みとして受け止めることだ」というアドバイスを受け、直人をもう一度野球部に入れる決意をする。
ある日、充は、直人をグランドに誘う。直人は、交通事故で怪我をしている充の弟・誠とふれあい、野球部員の暖かい励ましに少しずつ心を開き、再び野球を始めるのだった。
その後、秋山を再びコーチに迎えた直人たちは、練習に明け暮れる毎日だったが、ある日、秋山の計らいで強豪の旭台高校と練習試合をすることになった。
試合の当日、そこには、かつてのライバル幸太がピッチャーとしてがんばっていた。試合は、熱戦の末、直人たちは敗れるが、直人と幸太の間には熱い友情がよみがえる。二人の友情に両軍のベンチからは惜しみない大きな拍手がわき起こり、青空いっぱいに広がっていくのだった。
なんだか、書き方がいまいちよろしくないが、仕方ない・・・。だってそう書いてあるんだもん。


とりあえず、この映画の意義として、「この作品をを見て部落問題の解決の糸口を掴んで、差別のない社会を作るきっかけとしてほしい。」ということを願っているとのことなのだけど、部落による差別、って言うのが正直ピンと来ねぇ。そもそも部落問題がよう分からん。ということで、調べると。

読んだ本の説をとりあえず要約すると、まず、「穢れ」という言葉の成り立ちから探っていて、もともと「毛(稲などの五穀の意味がある)が剥がれる(枯れる)」という意味合いで「ケガレ」が誕生した、といっている。生皮を剥ぐことと雑草が増える(だから穀物が枯れる)というのが同義なのだ。よく二「毛」作とか言うじゃない。
昔から犠牲(生贄)をささげて五穀豊穣を願う風習があり、その祭祀の役割を果たしていた人々は生贄の解体までやっていたようなのだが、神聖な部分だけ皇族に剥奪され残った部分は後ろ向きにとらえられ、牛や馬を解体する人が穢多と呼ばれるようになったということだ。
他の国では都合のいいように解釈して肉を食べていたが、悲しいことに日本人は表立って肉を食えない。そんな屈折した思いが、肉を解体できる(公然と食べられる)人々を差別するようになった・・・のかも。
こんな始まりで忌み嫌われ、生死をあつかう恐れから、「血が穢れる」んじゃないかと言う迷信や思い込みで、差別される、と。・・・合ってんのかな。間違ってたらすみません直します。

いちおう wiki / 部落問題 をくっつけとこう。ってか、最初からwiki読んだ方が良かったりして。いまだに起源はちゃんと分かってないけど、どっちにしろ,カタチのない人間の心の闇みたいなところから生まれてきたものだと。


普通の映画として感想を言いたいのだがね・・・。
驚きなのは野川由美子がおることだ。なんて偶然。長七郎見たばっかりの旬な時期に・・・。偶然だねぇ。でも、もし野川さん出てなかったらと思うと恐ろしい。たぶん出演者20人以上いるはずなのよ。エキストラは省いて。だけど、演技が許せるやつが4人しかいねぇってどーいうことって感じるくらいなんか下手・・・。ツッコミどころが満載、とかいい方に持っていけないもったり感が蔓延しております。特にこのあからさまに道徳っぽい話し合いシーンがあざとすぎて・・・。特に先生の言い分がヤダ。



だから文部省認定なのよといわれたら言い返せないが。
じゃあ、役者が大根なのは置いとこう。だけどそれを乗り越えたとしても、間のとり方とか、カメラワークとか、あんたらホントにプロなのか?と言いたくなるのよ。別に特別な撮り方しろとは言わないが、青春モノなんだから歯切れが悪くちゃ駄目だと思うんよ。曲がもったいない。ストーリーも本筋はいいけど、もっとメリハリつけてほしいしなぁ。感動させないと啓発もくそもないと思うのはワシだけですかね??
その中で、輝く野川さん。役どころは差別を受け野球を捨ててしまった加藤君のお母さんなんだけど、加藤君を必死に立ち直らせようとするお母さんとしてこれ以上理想の人はいないだろうと思われるくらいだ。息子・加藤君をやってる方も普段はおちゃらけてるけど、心の傷をずっと引きずってるという役どころが出来てていい感じだ。心に傷があるから道化になれるって、痛々しいけど素敵だよ。



この親子の場面見てるとホッとする。ホントはホッとしちゃいけないんだけど、やっと普通の見てる感じがするんだもん。
でも、意思の強そうなお母さんだから、加藤君の自分ではどうしようもない悩みがいまいち軽く見えてしまうのは残念で、もっとこの二人に直に関わって明らかに差別してくるおっさんとかがいればやりきれない気持ちがもっと表現できてよかったかなぁ、とも思う。
あと加藤君に立ち直らせるきっかけを作る、車椅子生活の充の弟・誠、この子もいい感じだ。
誠と加藤君という境遇は違うけど野球ができない二人が協力して、ヒットを打ち、ベースを回るシーンはかなり感動であるよ。野球部メンバーが一緒にやろうよ!といってくるシーンとか最後のライバルとの対決なんかポイ捨てしてこれがメインイベントでも良かったと思うくらいだ。王道だけど、全編こういう感じで撮ればいいモノになったろうな。


絶対みやうちくんちょい役だと思った。が、個人的にこっちが隠れ主役なんじゃなかろうかと思うくらいでしたがな。また乗っ取りやがった!!というのは冗談としても高校生の上っ面っぽい交流よりよっぽど現実味があるんだもん。
役名は秋山俊作で、花屋のおっちゃんだ!!



あらすじ見るとやなやつ!って感じだったんだけど、ちゃんと説明し切れてないから補足しないといけない。
秋山は同和地区の生まれではなく、越してきたらしい。が、地元の差別的な人間から見れば同じことなのか、コーチをしてた中学の野球部のピッチャーに加藤君を選んだことで、ライバル田代君のおじいさんとお母さんに同じ地区同士だから贔屓したんだろう、と詰め寄られ、カッとなった秋山が「住んでるからって一緒にしないでください!」と言ってしまったわけだ。たまたま聞いてしまった加藤君は信頼してたコーチに、自身は差別してないつもりでも心の奥底には「自分はこいつらとは違うんだ」みたいな意識があることを知ってしまったので、傷つき、大好きな野球をやめてしまったのだ。
この事件で秋山も傷つき、責任を感じてコーチを辞め、一切野球とかかわらないようにしてきた。
が、充たちが尋ねてきたことで、奥さんが(なかなかかわいい、笑)「私も子どもたちもあなたが野球をする姿がすきなのよ」と後押ししてくれた。たぶんずっともう一度謝って加藤君と一緒に野球がしたかったけど、勇気が出なかったのだろう。ので、加藤君に「もう一回チャンスをくれ」と直談判しに行き、コーチに復帰するのだ。
これがホントの秋山じゃい!ってことで、こう書くとどんだけあらすじがなおざりか分かろうってもんで。
久々に心理的苦悩をしているみやうちくん。花屋さんをやっているときでも野球帽はかぶっているのだが、心理を表すように後ろ向きにかぶっている。





店番してるときも心の隅にずっと後悔の意識があるかのように、ボーっとし、うつむきかげんでなんだかみやうちくんでないみたいだ(うおい)。

そして後半、奥さんに説得され決意を固めた秋山は帽子をかぶりなおすんだが、この決意の表し方、心の動きを帽子だけで表せるというのはすごいよ。やっぱ無駄にテンガロンハットかぶりまくってたわけじゃないねぇ。





もちろんそれだけじゃないのは丸分かり。同じセリフを言うのでも、目線のやり方、しぐさ、小物で大根主役たちを大きく突き放してるからしょうがない。世間では役者としての評価は??な感じだけど、長年やってきてるのだ。負けてられっか!ってな。


やはり大多数の人は同和問題に対して(それ以外の人権に関する問題でも)秋山みたいな位置の人が多いと思うんですね。なんと言うか、普段はぜんぜん意識もしないけど、潜在的に持ってるというか。
住んでるところで差別してなくても、外国人だからとか、女性だからとか、置き換えれば過去にやってそうな差別はいくらでも思いつく。
自分の話で申し訳ないが、うちも小学生の時にいたハーフの子に差別意識を持ってた。そいつのたらした鼻水の上を通るな、みたいな。でも中学のときに隣の席になってしゃべったりするうちにめっちゃ変なやつだったけど、面白くていいやつだと分かってからは、なんでその人自身じゃなくて外見だけに対してこんな迷信めいたものを持ってて、そのことが一体どんな役に立つのか全く分からなかった。何も根拠がないし、ただ他の人がそうしてるから何も考えずに右ならえしてただけだ。だからもうしないようにしようって気持ちをずっと持っていて、今でもそれは変わらないし、もし会う機会があるのならごめんって言いたいのです。
この映画でも言ってたけど、当事者でない周りの人は自分の痛みとすることしかできない。痛みとするためにはまず気づくというか、どうしてそうするのか根源を探って明るみに引っ張り出すというか、が重要なんではないかと。そうしたら、今後どうしていけばいいか分かると思うから。・・・上手く言えん。ぎゃーす!
そんな心境とダブルから秋山というキャラがいい様に見えてしまうのかな。いや、単純に美化して自分のいやな面を見たくないだけだろうけど。




p.s.あと2枚だけ貼らして・・・。

,笋辰箸Δ譴靴修Δ塀山コーチ。よかったね。



△澆笋Δ舛んがママチャリ乗ってんだけど!ヤバス!!!

| うるちまい | 06:37 | comments(2) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 06:37 | - | - | - |
Comment
うるさまおはよう参謀長。にはちと、時間が遅いかも。

 こんな精神状態のときに、この内容を選んでコメントするなんぞぉ・・・無謀かもしれんが。いつかは書くとコメしてたんで。

 
 告白しますと、自分の住んでいた小学校校区内には「被差別部落」がありまして、終始「どうとく」の教科で勉強させられておりました。
 小学生のことですから、「被差別部落」という意味(発祥理由)などを教えられるのではなく、ただひたすら物語(本)や実際あった事件を扱った映画などをつかって、差別されている部分を見せられるという勉強でした。

 実際親たち世代は「被差別部落」を恐がっていましたね。今は知りませんが、当時はその地区の人たちは団結力があったようでっし、バックにはいろいろな人がついていたようで。親が子どものときは、恐い思いもあったようです。60年以上も前の話ですけどね。
 自分が小学生のころ、その地区内を車で通るときは、めちゃくちゃ慎重になっていた親を思い出されます。

 子ども心に、こんな勉強した方がかえって特別な目で見てしまうやん、とか思っていました。知らないときは感じなかったものが、勉強して知識がつくほどに、差別される地区の人なんやと。
 だからかどうか分かりませんが、みやうちくん(キャラ)がいった「住んでるからといって一緒にしないでください。」は、ものすごく分かります。ついついそういった言葉が出てしまうの。(蛇足ですが、当時こういう地区の土地や家賃などは安かったりしました。)
 みやうちくんキャラにうなづける視聴者は多いのではないでしょうか。いけない思いだとは分かりつつ、ついつい口から出てしまった。辛いです。落ち込む気持ちめっちゃわかります。二重に落ち込み抱え込みそうです、今の私は。。。体重40キロ代めざしたいですw。

 結構被差別部落の存在を、知らない人もいるんじゃないでしょうか。うちの相方は大学で私の出身地近くにくるまで、被差別部落って聞いた事ないようでした。周りにそういった土地がなかったからなんでしょうね。だから大学生になってから、その存在を知ったようです。どっぶりと漬かっていた私には驚きの事実でしたよ。

 高校以降全然そのような話や人と接することがなくなり、そういった差別意識も忘れてしまいましたが・・・今そういう方とお知り合いになっても、なんとも思わずお付き合いできますよ。
 やっぱり小学校のときの教育の仕方、なんか間違ってるぞーっと思えてきました。逆に差別の心を植えつけてしまっていたような・・・。

 実体験ばかりで、学問的なこと全然かけませんでしたが・・・こんなんで、ひとつよろしくです。

 めちゃくちゃ長くなりました。話もどよぉ〜んでしょうか?

 さてさて、みやうちくんです。
 おっとこまえですがなぁ〜。花屋のおっちゃん?、おっちゃんって言わんでくだされ。私はおばちゃんになってしまいまするぅ・・・。
 帽子ひとつで表現するみやうちくん。これまた小道具の使い方が上手くていらっしゃる。やっぱり現場でご自分で考えられたことなんでしょうかね。
 演技が??とな。微妙〜ぉなご発言がw。やっぱりそう思う?なんちゃって。そこが(ってどこが?)またファンの心をくすぐるところであったりするんですよ。
 なんでもいいっす。最後から2枚目の画像、この笑顔をみれただけで幸せ、もう何も言うまい。
Posted by: あかいろ | at: 2008/08/26 10:53 AM
>あかいろさま
こんばんみー。自虐キャラ目指してるんか!?とちょっと疑ってみたり。昨今は真面目な内容なだけで重いと取られてしまうようですなぁ自分含めて。

wikiに関西にはいまだに存在するというようなことが書いてあったので東京から一歩も出たことない、これ見るまで全く知らなかった、なうちより現実感があるだろうとは思っておりましたが。やはり。
体験やら思い出やら語っていただきありがとうございます。全体的に解決できる日が来るかは分からないけどせめて自分の心だけでも「人」をみて判断できるようになりたいと思う今日この頃です。

おっちゃんダメですか?花屋=おっちゃんなのですが、うちは。それにこのみやうちくん思わず笑い出したくなるようなセーターというかトレーナー着てますし・・・。エプロンで隠したって無駄だぜ☆
この映画ほどみやうちくんはちゃんと演技が出来るんだと感心したモンはありませんです。プロは違うなと。一般的な見解として、演技派ではなくキャラクターとして売ってるから(それが丹波さんの教えともいえますが)普段見えないんですよね。逆にファンになる人はキャラクター性が見えないと不満を持つという・・・全くどっちやねん!ですねぇ。
見続けてても気がつけばキャラの片鱗探しに陥ってる気もしますが、違う演技してるのも見たい、わがままなうるでした。
Posted by: うる | at: 2008/08/26 11:24 PM







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin