Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
シリーズ違いの悲しさよ。
今テレ朝で午前中やってる「素浪人・月影兵庫」っていう時代劇がそろそろ終わるのだけど、次の番組が「遠山の金さん」だって言うからいささか楽しみにしてたらマツケン版だった。ちーがーうーのー!うちは高橋英樹か松方弘樹版が見ーたーいーの!ちーん!




みやうちくんの外道っぷり見たさについつい手を伸ばす鬼平犯科帳なんだけど、何度見ても、たまらないっす萌え萌えっすエロエロっす。・・・きも。最近の自分の気持ち悪さを何とかしたい。何とかできない。しーくしく。

が、ちょっと困ったことに?どっちも本部長期な上、こすっからい悪党キャラなもんでだぶっちゃってだぶっちゃってどっちがどっち?状態も甚だしいんだわさ。なので、この際比べてみようかと。


↓第一シリーズ「むっつり十蔵」のストーリー。
紙問屋に賊が押し入り、金品はすべて奪われた上、一家・奉公人に至るまで惨殺された。この凶悪さから掛川の太平の仕業に違いないとにらむ平蔵。室内を調べていた同心の一人、十蔵はかすかに息のある女から「助さん」という手がかりを聞き出すことが出来た。早速密偵の伊三次から「助次郎」の名が浮かび十蔵が張り込む。すると女のすすり声がするではないか。当人は女との別れ話のもつれで殺されてしまったあとだったのだ。下手人のおふじは駆けつけた十蔵から助次郎が凶悪な盗人の一味であることを初めて知る。身重の女を捨てるとは許せん!と十蔵は、おふじを縁続きの押上村に匿う事に。助次郎の死体は、とりいそぎ床下に埋めて内々のうちに処理した。この一部始終を屋根裏で見てる者がいたとも知らずに。
そして十蔵とおふじがいい仲になるのに時間はいらなかった。
ある日、おふじが出先で助次郎の知り合い・仙吉を見かけたと教えてくれた。火盗改は助次郎と手がかりを失ったところだ。ここで仲間を捕らえ太平のアジトを割り出すため、張り込みを開始。仙吉を呼び止め、派手な捕物の末、仙吉には逃げられてしまったが土蔵やぶりで有名な猿の釘六は捕縛する事が出来た。
それとなく悟っていた平蔵は今回の一件を知らせてくれたおふじに危険が来るかもしれないと十蔵に警告し、押上村へと向かわせたがもぬけの殻。縁続きの者は殺されおふじがさらわたあとだった。途方に暮れる十蔵は不敵な笑い声と共に現れた仙吉に助次郎の死体を密かに始末した一件で脅され、釘六と交換しようと持ちかけられる。おふじを思い、激した十蔵は、牢の釘六に刃物突きつけ掛川のアジトを吐かせ、単身乗り込んでいってしまった。が一人で行ったためおふじに刃物を突きつけられるとどうしようもない。そんな時駆けつけた平蔵たちに危地を救われる。が、真っ先に女のもとに駆け寄るのを平蔵に大声でいさめられ、自分がいかにおふじにのぼせ、武士としてのたち振る舞いや任務を忘れていたかに気づき、咆哮しながら走り出す。
その後十蔵は白州で自刃した。その死体の前で平然としている妻と、泣き喚くおふじが対照的だった。
おふじはその後子供を産んだものの子供を残して死んでしまう。平蔵は妻・久栄に里親にならないかと持ちかけ、快諾してもらい、やっとこの事件の終着を見る。


↓第二シリーズ「下段の剣」のストーリー。
坪井道場へふらりとやって来た剣客。その者の剣の腕はすさまじく、下段の剣から繰り出される技に心惹かれる鬼平の息子、辰蔵。父の平蔵たちに熱弁していたが、その風体を聞いて平蔵の脳裏に盗人の用心棒をしていた松岡重兵衛の顔が浮かび上がってくる。平蔵は密偵たちに探りを入れさせた。もしも松岡が江戸に戻ったとなれば、盗賊改方・長谷川平蔵としては打ち捨てておくわけにはいかないのだ。
しかし腕の立つ剣客が江戸に来たとなると盗人共が黙っているわけがない。さっそく昔馴染みの盗賊・牛久の小助が渡りをつけ、松岡はお盗めの助力として山城屋の押し込みを手伝うことになった。
やっと松岡の居所を突き止めた平蔵たちだったが、何も知らず、下段の技に惹かれていた辰蔵が一足先に乗り込んで、松岡を取り逃がしてしまった。もちろん尾行はつけたままだったので、次の居場所はすぐに割れる事になるが。
しばらく張っていると小助たちは不破の惣七と組んでいる事が判明した。この惣七、役者崩れの料理人崩れで、盗人の風上におけないことに、他人のお盗めを別の凄い奴に売り込んで横取りさせるというきな臭い噂のあるヤツだ。さらに盗みを働く紙問屋・山城屋の下見もしていたので決行間近なようだ。
平蔵はこれ以上松岡に盗みの手伝いをしてほしくないのと、惣七にだまされて死んでほしくないのとで、同心たちを向かわせるが、すでにもぬけの殻。決行は今日だったようだとあわてて山城屋を見張るも、金蔵の側に抜け穴があり、盗人たちは悠々と船で脱出していた。割とあっけなく終わったかに見えたが、松岡はこれで終わりではないと不可思議な言葉を吐いた。その時鍵縄が船に引っかかり、岸へと寄せられていく。惣七はやはり裏切っていたのだ。盗み仲間を別に雇った浪人衆とともにどんどん殺していく惣七。そして松岡も人数の多さに斬られてしまった。最後、惣七が止めを刺すも松岡の足掻きの一太刀を喰らい惣七と相打ち状態に。
火盗改が遅れてかけつけ、松岡をみつけた辰蔵は抱き起こすも虫の息だった。松岡は「下段の剣は人殺しの剣だから忘れてくれ」と言って果てた。
なんともいえない気持ちで調書を仕上げた平蔵は庭に出て息子と稽古をする。その木刀の構えは「下段」であった。


むっつり十蔵の十蔵は柄本明だー。超絶つやつやしておる。今となっては竹中直人か柄本明さえ出しとけば作品がしまるという風潮だけど、この時はまだそうでもない。基本的には変わらないけど凄みが足りない時期で。 そういえばかのはちゃんと生きてんのかしら。



密偵の伊三次が三浦浩一しゃんなのでなんだかウハウハと見ておるわけです。↑の左側の人であります。なんかやさしそうな雰囲気だから密偵っぽくないんだけど、よくよく考えたら目の鋭い人だと密偵だってバレバレだから普通の人を装えなきゃ意味ないわな。時代劇の密偵って二重に演技しなくちゃいけないからけっこう大変なのかもしんない。・・・が、そうでないかもしんない。

シリーズすべて見たわけでは当然ないのでずっとそうだったかはしらないがエンディングのジプシーキングスがメチャ素敵なんだよ。二作品とも平蔵にゆかりのあるメインゲストが悲しい死に方をするからその哀愁とアコギがマッチしすぎてて・・・しかもインストってところがたまらない。やーよくあの選曲が出来たなと感心しますがな。最初のシリーズ89年でしょ?画期的すぎる。しかも今聞いても良い曲だもんな。


みやうちくん以外のところは書いたから早速比べてみようホトトギス。

キャラ設定からいこうかなぁ。
むっつり〜の方は直接悪いことはしないで、次の計画の為の人材確保をする人として登場。夜烏の仙吉という異名があるからたぶん手配されてるんだろうね。どんな罪状かはわからんけど夜烏ってゴイサギのことだよね…どんな意味なのかまるで分からん。
まぁ役人がお頭の屋敷に突入してきたときに人質のおふじを盾にして自分だけ難を逃れようとしてたから、地獄の沙汰も金次第な性格なのは間違いない。



ああ。ケチくさいなぁ。けど、明るい性格なんじゃないかとは思う。人にパシられてるのに悲観したりヒネたりするところがないもんで。

下段〜は不破の惣七でこれまた異名がある。不破って「破れぬものはあらず」って事かな?「破らず」って事かな?後者だとしたら大変だ。土蔵やぶりの名人じゃなくなっちゃうよ。こっちはやなヤツタイプで、表の顔と裏の顔を使い分けし、仲間の賊をぶち殺して金を独り占めしようとする。かなり出来るタイプみたいだ。けどやっぱりこすっからいには違いない。
しかも要所要所でほくそ笑む。





もう裏切って金を独り占めするのが面白くてたまらんのだろうね。かー!やなヤツ。そして陰険なヤツ。
よく見りゃ違いがある気もするがぱっと見違いのつけづらい二人・・・根っからの悪人には生い立ちなんてつけないしな。よけいだめじゃん。そういえばこの下のほくそ笑み画像の雰囲気どっかで見たなぁ。・・・あ!あぶ刑事の鳴海だ。おなじじゃん。これ。


その分服装はちょっとばかし違う。
仙吉は普段色男として通ってるかは知らないがいかにもそれ風の遊び人の出で立ち。朱色の羽織を方にひょいっとのせる粋な男ですよ。



が、うちにはどう見てもあの羽織がちゃんちゃんこから綿取りましたって風にしか見えないんだけどな。

惣七はその点、実に堅実そうなんだな。 エプロン…いや、前掛けとかしてるのさ。・・・すぐはずしちゃうけど。



きゃんきゃん。つまみ料理の鉄人はエプロン似合うっす!盗みするときは忍びルックだから特に何も言うまい。


おおっ!て瞬間も並べてみるか。
仙吉はなんでか立ち回りが多いからにやにやするんだが、ひとつは寺の境内の手すり?にぴょん!って飛び上がり、役人を巻くシーン。



逆再生じゃなくてトランポリン使ってるっぽいけど、見るかぎり、一階から二階に飛び上がるくらいの距離はあるわけだから・・・


やっぱすごい!
あと、おふじがさらわれたと知った十蔵がキレて刀を振り回し例のちゃんちゃんこで防ぐところ。



こんなの見たことないんだけど!新しい。結構仙吉強いんじゃね?てか十蔵弱すぎじゃね?

惣七はなんと言っても錠前をあけるシーンだろう。





これがまた変に色気を使いやがっておりまして、やーねー。この見下ろす目線はいくつになっても変わらないから怖えぇんだよ。今度からこの目線を先天性淫夫目線と呼んでやるぜ。


最後のお亡くなりシーンは、というと、スポットはメインゲストに持ってかれるからかなりあっさりしておる。ブスッ!うっ!…ドサ。っていうわかりやすーいやつだ。
この最後のあっけなさも見分けつかない理由な気がしてきたぞ。

総じて…やっぱりエロエロでしたみやうちくん。何度見ても本部長期の魔物が取り付いてて余波が他の番組に来ておりまする。別に番組乗っ取りはしないけどね。だってメインじゃねーもの。でも、間違いなく悪党どもの中で一番目だってたから別の意味じゃあ乗っ取っていたという事になるか。
こーいう時代劇のメインでない悪役キャラは役どころがどーのと言ってると破綻するから仕草を満喫すればよし!ってことですかに。
| うるちまい | 01:43 | comments(4) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:43 | - | - | - |
Comment
お早う参謀長ぉ〜。ひさびさのみやうちくんのはなしじゃないかえ。

 めちゃくちゃ長い。ので書きたいことだらけ?ウフッ

 まずは、「夜烏」調べたので、よろしく。

 「夜烏」とは、朝、宿に入り、夜になると宿を出て旅をするというもの。普通に昼間旅をしていると、人目もあり、追っ手から逃れるのにはこれが良いらしい。

 やっぱし、悪党らしいネーミングの仕方だわね。って、なんだかめちゃめちゃセコさを感じるんだけど・・・。一生隠れて過ごすんかいなって。

 私ゃゴイサギの意味のほうもとんとわからんちんで・・・。何ですか?
 ウィキリましたがな。人との関係の項読んだけど、やっぱり悪い意味のようで。

<以下ウィキより>

 江戸時代には、劫を経たゴイサギは夜に怪火を放つと言われ、「青鷺火」(「青鷺」はゴイサギの旧名)「五位の光」等と呼ばれ恐れられた。


 また沖縄では、この鳥を「ヨウガラサー」(夜のカラス)と呼び、この鳥の鳴き声を合図に海から疫病神がやって来るという内容の伝承が伝えられている。

 うぉ〜い。疫病神って・・・どんな扱いやねん。神ってとこしかいただけませんぜ。病は病でも「宮内病」は振りまいておられますが・・・。感染者続出?
 夜烏だけで、一杯いっぱになっちゃった。全然ストーリーというか、みやうちくんの演技やそれに対する突っ込みまでいかないじゃん。
 また出直してきや〜ぁす。

 最後に、「先天性淫夫目線」またまた新しい単語をw。
 みやうちくんのはなし関連で生れた単語を一覧にして欲しい気がしたりして・・・。
 他にどんなんがあったか思い出せんけど。一個だけ「みやうちくん抽出大作戦」とかあったよなぁ。こん番場ぁ、おはよう参謀長、はもうふつーに使っちゃってるけど、これもここでしか通じないか?
Posted by: あかいろ | at: 2008/08/21 5:55 AM
>あかいろさま
おお!夜烏調べてくれたんですか!?ありがたやー。うちの頭がこれでワンランク良くなりました。やたー。
まぁ、どっちにしろ吉右衛門版鬼平犯科帳はせこいからしょーがねぇって結論に至ってしまうのですね。でも水戸黄門シリーズとの差別化は図られてるからありっちゃありですが。これの他にこすっからい外道キャラないと思うし。このシリーズの唯一の救い?は遊び人役なのに全く遊んでるシーンがないというところかな。陰間さんと遊んでたらシャレにならん。

>疫病神
みやうちくんは立派に疫病神だと思う・・・がんばって財布を抑えてても気づくと金が流出してるこの現象を疫病神といわずになんと呼ぼうか。
宮内病
かかれば即座に
奈落行き
ってね。ハイ、下らない川柳でした。

うちんとこにはまだそんなに語録ないですよー。広辞苑とか作れるくらいにあるんだったらまとめてもいいんでしょうけどねぇ・・・。
生きる伝説がおわすかぎり本家の語録は増え続けるでしょうから敵わんし。
Posted by: うる | at: 2008/08/21 11:34 PM
こんばんばぁ〜ですわ。

 みやうちくん疫病神というよりも、この場合貧乏神かもしれまへん。
 とり憑かれたがさいご、骨の髄まで・・・お金というよりも心を持っていかれますわなわな。この時点で貧乏神じゃなくなってる気がします。
 ご本人のいっさい預かり知らぬところで、勝手に身悶えしているだけなんですが。そのうえ、貧乏神扱い、すんません。

 鬼平のエンディングですが、これを聞くたびにギターを弾きたく(習いたく)なる衝動にかられていましたなぁ。毎回同じだったと思います。画像もね。花火んとことか印象に残ってるわ。打ち上げ花火に背を向けて小さな花火をしているの図とか。

 でやっと演技しているみやうちくんの話へ。5枚目の画像、男前でステキ!ほくそえむみやうちくんもステキ!やっぱり目がいいですねぇ。なんであんなにいろっぺぇんでしょか。よくいわれますが、大きな目ではないのに、ほんと不思議です。いっそのことみやうちくんの7不思議でも考えますか?
 まずは、存在自体が・・・なぁんてね。不思議じゃなくて素敵で考えますか。みやうちくんの7素敵!いやいや7つじゃ納まらないから、100選とかにします?「みやうちくん素敵100選」。話が脱線しまくりでごめんなさぁい。
 やっぱりもう寝たほうがいいかも。。。感想昨日より進んだかなぁ。というより、感想書いてないしぃ。
 もうぐだぐだですんませんでした。出直します。って又来るんかい、って思わんでねぇ〜。
Posted by: あかいろ | at: 2008/08/23 1:18 AM
>あかいろさま
おばんです〜。夜食にラーメン食ったら腹を帝王切開したいくらい満たしすぎて苦しい。これは恋心に近・・・くはないですね。

貧乏神・・・いろいろ出てくるなぁ。
趣味に金を投じるのって心を奪われるから金が出て行ってしまうとも言えますな。ということは最終的に貧乏という金銭面だけでくくれない「心を持ってかれる」状態になるから・・・やっぱ総じて「病」でいいんじゃないですか?ここで病原菌って言うとイメージがだいぶ落ちますけど?ウイルスにしとくとか??

ジプシーキングス聞いてギターやりたいと思うとは・・・無謀な(笑)。相当難しいですよこれ。フォーク系ではなくクラシックを習わないと耳コピすら出来ないかもしれない・・・。めんどいからしないけど。
これ弾けたらサイモン&ガーファンクルのアンジーも弾けるようになるかな。←この曲も超ムズイ。

>みやうちくん素敵100選
100もあるかな・・・(うおい)。映画とかのちょい役は基本パターンを使いまわしてるような仕草が多いからレギュラーのドラマを観察すれば出来るかもしれないですね。あ。Gメンとキイハンターが少ししかないから無理だ。暴れん坊将軍と助け人がないから無理だ。刑事くんはソフト化すらしてないから無理だ。おっとっと。だいぶ無謀感が漂っております・・・。
これより「みやうちくんの7ショッキング」考えたほうが楽かもですよ。ひとつは確実に八丁堀だという自信があります!えへん。

そういえば、マルベル堂で買ってきたやつでお腹が怪しいみやうちくんを載せてなかったなぁ。今度載せようっと。そんで、つっこもうっと。
でもなんだかんだ言いつつ最終的に美麗目つきに殺されるんですけども。
Posted by: うる | at: 2008/08/23 2:52 AM







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin