Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
二週間に一回の頻度になりつつある。
またおばあしゃんの家にレッツ丹波しに行ってしもうたで。ぶふふ。今回東映じゃないんだけどなぁ松竹なんだけどなぁ。まぁ仕方ねぇ。80年代は丹波企画には出ざるを得ない雰囲気だしな。なんたって丹波プロにいたんだし。

でも、最近こまめに行っておばあちゃんたちの生存確認してこないとリアルに怖いのも事実なので一石二鳥というべきか。とりあえずファンシーなお星様のシーツ(笑)にとりかえて黒々としたシーツをかっさらって来た。
つーことで(どの辺がだろう・・・)再三再放送をしてる夕陽の用心棒をどうぞ。




↓いつものストーリー。
ひょんな事からガトリング砲の試射を見て、金儲けをたくらむ野心家の浪人・山里英助は、上昇志向のかけらもなく、のんのんと浪人生活をおくりつつもいざとなるとめちゃくちゃ腕の立つ箱崎竜之介を丸め込み、表向き宮様の隠し子が嫁ぐのを護送する用心棒となった。もちろん花嫁の荷の中には豪商・片倉屋門兵衛が米国から輸入したガトリング砲があり、入札で競り勝った尾張藩に運ぶ途中なのだ。山里は横取りを企てていたが、これを狙うものはわんさか居て、競り負けした長州だけでなく、きな臭いにおいをかぎつけて野党のふりをして襲う公儀隠密もいる。尾張の領内に入り、試し打ちを見た箱崎はガトリング砲のあまりの非人道さに前に立ちふさがり使用を阻止しようとするが山里が機転を利かせ殺されずに牢にぶち込まれるだけで済むようにした。ガトリング砲を奪いたい山里と忌み嫌いなんとか奪い取りたい箱崎は牢を抜け出して一時手を組み、ガトリング砲を奪う。しかし、その動きは長州に見破られていた為奪われ、さらに長州も尾張に奪われ・・・で元の木阿弥状態。
そして最後の挑戦だと野っ原で待ち伏せする公儀隠密とその動向を見張る箱崎たち。決死の覚悟で挑む公儀隠密たちだったがガトリング砲の前にはなすすべもない。これをチャンスと見た箱崎は馬に乗って尾張たちを切り伏せ、隠密たちに助っ人する形になるが、山里はガトリング砲を奪われまいと全員皆殺しにしてしまった。
ガトリング砲をあくまで売り飛ばす気満々の山里と関係ない人まで巻き込む悪魔の砲を川に沈めようとする箱崎の二人の亀裂は決定的で、銃と剣がうなる。傷を負いながらも勝った箱崎はガトリング砲を捨て、去っていく。


後期Gメン組の鹿賀丈史と丹波哲郎がまた組んだ感が満載なんだけど、丹波さんのスタンスが違うので別物に見える丹波企画。

↓Gメン時



今回の「夕陽の〜」。



やはりここは役者の違いなのだろうかね。鹿賀さんはGメン時の差別化がいまいち出来ませんでしたがな。それにしてもあの人あぶ刑事÷2に見えて仕方ない。なんかあの手は流行だったんだろうか。
それに箱崎の優しさで山里が気絶しただけという終わり方は続編作る気だったんだろうか。そりゃあちょっと無謀ではないかい・・・?

公家の綾小路役の人がマッチしすぎててなんだかもう見とれてしまった。



もちろん美しいからではないのよねー。これでもかと言うくらいオーソドックスに薄汚いもんで。なぜ時代劇の公家さんはいつの世も陰湿ですけべーなんだろか。・・・まぁ平安の世からあいつらレイプ犯だったけど。

もう少し欲を言えば丹波さんの役・箱崎の浮き世離れ具合がもう少しあっても良いかなぁと。ガトリング砲を命を懸けて捨てようとする動機を持つ人物像が中途半端に世を捨てた浪人なモンだから薄くてのぅ。丹波さんだからこそ求めたいクオリティでござる。


みやうちくんは公儀隠密のリーダー格で佐々典膳というらしい。



東映だから細かい役までフルネームで名前ついてるけど「佐々さん」としか呼ばれないから意味ないと思うんだけど・・・そういうの大事なのかなぁ。けど、役者のモチベーションはあがるか。じゃあいいか。クレジットでは三番目だがひょこひょことしか出てきてこないので、出たらわいわいするの図式で行くしかない。特に主人公達にからむでもなく、敵対するでもなし。究極いてもいなくてもいーし。

みやうちくんの時代劇出演作の八割がたに「なにぃ?!」ってセリフがある気がして仕方ないんだけど、今回も出ちゃったー!





言い方が本部長だからつい吹き出しちゃうんだよー。いや逆か。十年経ってもセリフの言い方が変わらないからすごいというべきか。さすがサイボーグであるねぇ。
今言っても遅いとは重々承知しつつも、このセリフの言い方のパターン、三種類くらい用意しといたほうがよかったんじゃないのか?

今回いちばん良く分からないけど良かったのは乗馬シーンがある!ということか。



三人で並んで疾走するシーンは多分スタントかなぁとは思うけど、乗り降りとか、走り始めのシーンはきちんと撮られてるのでちゃんと乗れてよかったねーと言っちゃった。やはり画質の悪さでよく見えないのが惜しすぎる・・・。

最後は山里、あんたはドクトルGかと言いたくなる(のはうちだけな)んだけど、ガトリング砲を使って敵も味方もお構いなしにぶち殺すシーンはもれなくみやうちくんもおたぶつ。が、リーダー格でよかった?のはなぜか死に様をカメラが寄ってって写したことか。おかげでいかにもガトリング砲で撃たれたとは思えない綺麗な呆け顔が拝めます。



・・・これだからリアリティがねぇっつーの。死に顔みやうちくんにだけ寄ってくというカメラワークも謎すぎるし。なんかエロ光線発してたのかな。それとも・・・脅された?
| うるちまい | 23:53 | comments(4) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:53 | - | - | - |
Comment
こんばんばー、今夜は徹夜してきます牡丹です。

羨ましいです夕陽の用心棒!うちは地上波での宮内さん出演
作の再放送が全く見られない&期待出来ない地域なもんで、
こうしていつも写真をあげてくださって本当に涙モノです。
ありがとうございますm(_ _)m

それにしても、佐々さん(この呼び方なんかイイv)の死に顔
が麗しすぎてなんていうかもう(以下自重
…えっと、アレです。とにかく眠気が消え去りました!
完徹前に美しいものが見れてやる気が出ました〜ありがとう
ございます!それでは!(テンションが…w
Posted by: 牡丹 | at: 2008/08/25 1:07 AM
>牡丹さま
徹夜とな!殿!ご武運を。

我が家でも衛星は見れないので休日を狙って行くしか方法がないという・・・もうなりふり構ってられない状況です。そもそも地上波じゃ流せないものが多すぎるってんですよー。これは玉緒の死語を使うしかない・・・プンプン。せめて遠山の金さんが松方弘樹か高橋英樹版であったなら!(まだ言ってる)

死に顔死んでないじゃんっていうね(笑)。血が一滴もありませんからねぇ。今回。もし女必殺拳がこの番組並にお顔汚ししなかったらどうなってたんでしょう。見たかったなぁ。

予定ではもう1つくらい上げる予定なので眠くなった魔の4〜5時台に見に来ておくんなましー。
Posted by: うる | at: 2008/08/25 1:20 AM
うるさま、牡丹さま、おはよう参謀長ぉ〜でございます。

 みやうちくんの使う「なにぃ?!」は時代劇だけじゃなく、本部長でもよぉ〜く聞きますよね。あっちょっ違うか「なぁにぃ〜」という表記のほうが近いかも、本部長のセリフだと。おーぉー、これで「何」というセリフ、2パターンの言いようがありましたがな。ほんまかいな。
 あと、「よっし、わかった」とかも込みで、よく使われているように思います。って、ごめ〜ぇん、いつのまにかみやうちくんのように、話すりかえてしまって、本部長のことにしてしもてるし(爆)。

 クレジット3番手だったんですか。まだ視聴途中でクレジットまでたどり着いてないから知らなかったのですが、そんな上位に位置されていても主人公との絡みなしとは、なんてトホホなんでしょう。

 乗馬はスタントか?まだ習得されてない時期なんでしょうかね。ところで、今はどうなんでしょうか。颯爽と草原を馬で駆け抜けるみやうちくんを、見てみたいという願望がうまれてきましたがな。できれば二人乗りなんぞ。うぁ〜い。バイクの二人乗りよか、あごかれてしまうかも(爆)。

 途中すっとばし見。それも途中。でも最期のシーン見たいから、がんばって・・・ええあえてがんばって視聴しますかねぇ。
Posted by: あかいろ | at: 2008/08/28 7:57 AM
>あかいろさま
こんにちわー。
最近祭り状態でしたからねぇたまってしまいますよね。まあ飛ばし見でだいじょぶですよこれは。最後の死んだふりさえマークしとけば。(それかよ。)

いつも「また何ィって使ってる」とか言うくせに聞き比べしたことなかったですわー。やっぱちょっと違うのか。聞き比べ大会してみますかね。

返信つっこみどころがなくて返すに返せない空気が漂っております…とほほ。
Posted by: 昼飯中うる | at: 2008/08/28 2:54 PM







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin