Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
ぜんぜん去る気なし
これで終わりにすっから!!ゆるせ。
というわけで、この「誘拐報道」で、ようやく82年の映画祭を全部見終えました。ふ〜。ワンシーンだけとはいえ、4本も出るってどんだけドラマ気取りなんだろう。うーむ。


またgoo映画からストーリーをパクってちょっと加筆したよ。いかにやる気ないか知れようっていうね。
クラスのかわいこちゃんにいたずらして先生に大目玉くらいあとで謝って仲良くなる・・・そんな普通の学校生活を送っていた豊中市の私立学園に通う三田村英之が下校途中に突然誘拐された。
県警本部は、犯人の要求が英之少年の父で小児科医の三田村昇から三千万円の身代金をもらう事だと発表したが、子供の命がかかっている為各新聞社に「報道協定」を要請し、しぶしぶ受諾させた。三田村家には遠藤警部以下六名の警察官が入り込み、昇や妻の緋沙子と共に電話を待った。
二度目の電話で武庫川の川原に緋沙子が一人で来るようにとの電話があり、行ってみるとそこには英之の学帽とランドセルが。
早朝の不甲峠、ムスタングからサングラスの男が降り、公衆電話に向かいダイヤルをまわす。男は今日中に金をそろえるように指示して受話器を置いた。その先は三田村家だったのだ。この知らせに大阪読売本社は色めきたち、「協定を結んだ以上、取材・報道は自粛するが、協定解除に向けて取材の準備はおこたりなく!」と檄をとばす。
同じ頃、日本海を見下す断崖の上から、犯人が布団袋を投げすてようとするが、密漁者たちがいるために失敗した。その足で犯人・古屋数男は老母のいる実家へ寄りちょっと安息した時間をすごす。そこへ数男の妻・芳江から借金があるのかと問い詰める電話がかかってきた。芳江は喫茶店をだましとられた数男を助けるために造花工場で働いているので、余計な借金を作った夫が許せないのだ。
実家を出た数男は再び袋詰め状態の英之を殺そうとするが、袋の中から「オシッコ!」と訴える英之に小用をさせているうちに殺意はしぼんでいった。しかも途中で財布を落とし、持ち金も無くなってしまった。
数男は、三田村家に電話を入れ、取り引き場所として宝塚市内の喫茶店を指示。捜査本部はあわただしく動き、記者たちも店を張り込んだ。が、張り込みに気づいた数男は店に近づかなかった。ぼやぼやしているうちに風邪気味だった英之が悪寒を訴えはじめ、あまり反応しなくなっていった。このままでは英之が死んでしまうことは目に見えてる。焦る数男は、三田村家に最後の取引場所を伝えた。三田村夫婦は警察に張り込まぬように哀願し、レストランの前で待ったが、数男はまたしても路上に張り込んだ刑事たちの姿を見つけた。もう英之の体が持たないから身代金は取れない。翌朝、路上に停車してぽかーんとジャムパンを食べているところを不審に思った警官が呼びとめ逮捕された。トランクの中の英之も無事救出された。
この事件をテレビで見た数男の妻と娘はマスコミに叩かれ密かに数男の母の元に行く事に決めた。夜こっそり抜け出す二人に一台のフラッシュが瞬く。張り込んていたカメラマンが一人いたのだ。その時、娘は言った。「おとうちゃん好きや!」と。


この映画は日本アカデミー二部門受賞してるので、ちょっとおっかなびっくり感があったんだけど、どうやら82年にはまだ犯人とそれを取り巻く家族の視点で作られた犯罪映画が無かったみたいで賞賛の嵐?だったみたい。とはいえ、今となっちゃありふれた題材になってますけども。それにショーケンと小柳ルミ子夫婦以外に取り立てて新鮮味もなく。きっと元のドキュメンタリーのほうが今見るにはいいかもしれないね。憶測だけども。
それにしても疲れる映画だ・・・。ショーケンががんばりすぎちゃってて。特に最後のほうになると切羽詰りすぎちゃって「10円玉がないんや〜!!!」と叫ぶところでギブアップしたくなる。いい意味でね。しかし犯人の心理状況もいいけど、やはり、この映画はルミ子ありきだろう。犯人の身内まで書いたものはそう無いからここは見てよかったと思うよ。アカデミー取るだけはある!


多分どうしてもごめんなさいになる原因は日本海特有の暗さとジメジメ感だとおもう。これがなんか白黒映画を見せられてるようななんでカラーにしたのかはなはだ疑問の残る映像だったので、うち的には「だったら白黒にしなよ!」といいたくなってしまうのだ。逆に考えるとすごい技術だとは思うけど。
あと、群像劇っぽくなってるのだが、登場人物それぞれの人間模様を結構暗ーく細かーく描いていてこいつはなんだっけ?となってしまうんです。うちの頭が悪いせいだけど。群像劇の基準はなんだかんだ言ってERなんだよね。あれ以上の群像劇はまだ見たことないっす。やっぱテンポは重要だと再確認。ジメジメとした映画に群像劇合わせるのは結構勇気いる決断という事でどないでっしゃろ。


書くことないからみやうちくんシーンにいきまぁっす。
もう悲しくなっちまうぜ!モブの一員です。くすんくすんしくしくえーん。
あまりにも寂しいから無駄にいっぱい載せてやる!といってもそんなにないんだけど。





探せましたかね??3:4にするときに端っこカットする悪い癖がでてて特に下の画像はかなりぶち切れておる。かわいそーに。黒のトレンチコートっぽいの着てるみたいだけど、なんかライダージャケット羽織った時期の志郎さんに見えて仕方ない。目の錯覚目の錯覚・・・読み聞かせ。
一応ね、瞬きする間ぐらいはアップもあるでし。



物言わぬ警察に対して文句行ったりまいったなぁとばかりに頭ボリボリかいたり一般的な新聞記者らしいことはやっとくみやうちくん。



こっそり「おのれ〜」って言ってもばれなかったと思うから言えばよかったのに〜。←願望。




P.S.
全く映画にカンケーないんだけど載せたかったから載せるのだ!

20080806183825.jpg

かっこいいのに!かわいいのに!うう。・・・お腹と二の腕なんとかしてくれさえすれば。これは絶対Tシャツがいけない!みやうちくんのTシャツのやばさはキイハンターで実証済だっつーのに・・・。
| うるちまい | 02:19 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 02:19 | - | - | - |
Comment







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin