Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
こっちのマグロも高いなり
別に魚の話がしたいわけではなく・・・ええ、察していただければ。

まだ新作扱いで借りようモンなら600円ばかしフンだくられる事はわかってるんだけど、欲望には逆らえず借りてしまいましたのよ。でも怖くて手は付けられなかったのよ。で、4日ほど悶々としましたが、63に捧ぐという意味で「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」に挑戦だす。すごい爆笑巨編だぜーへへん。




↓ストーリー。
京都でブイブイいわしてるパール団の女番長・真紀は、セコイ友人・一郎と手を組んで修学旅行生の売春を仲介をしたりして荒しまわり、京都中にその名を轟かせていた。ところが、大阪が拠点の黒百合会が京都に勢力を伸ばしてきつつあり、なにかとこの二グループが対立していた。真紀は決着をつけるため黒百合会の番長・ユリとサシの勝負するが、場所がスピード狂の憩いの場だったのが幸か不幸か、こんなところで暴れんな!と栄三が割ってきた。のでこの場は一時お預け。そして栄三はユリの幼友達だったという偶然すぎるおまけ付き。
数日後、真紀達は毎日絶倫体操するあぼーんな好色坊主・玄海を色香で釣って六百万円を捲き上げるが、地元でバンバン腹黒い計画を売り出し中の暴力団・黒地組にバレてしまいブンどられてしまった。
パール団と黒百合会は今度こそ決着をつけるべく、うつ伏せに寝てトラックが体の上を通り失神せず耐えた方が勝ちというルールで勝負した。結果は真紀の勝ち。
負けたユリは、栄三の心が真紀に傾いたと思いこみやけ酒していた。これにつけ込み、両方の団をコールガールにして売春ルートを作るべく黒地組がユリに接近し、ユリはユリで準幹部の影山や黒地の情婦となってパール団と対抗しようとする。黒地組は、ユリが落ちればこっちのものと黒百合会を無理矢理解散させ、いやがる団員にコールガールになることを強要した。そして心配してユリを探しにきた栄三はライセンスを奪われてしまう。
真紀は、ユリを追い込んだのは自分かもしれないと後悔する栄三をなぐさめるために自分が大切に持っていた写真を破こうとするが栄三はその写真を見て大阪のバーのマダムだと教えてくれた。真紀は会いに行ったが、好きでもない人との間にできた上、自分で育ててない子を子供とは思えないと真紀を突き放す。ショックを受けた真紀は、栄三に処女をあげてしまった。
黒地組は挙銃ブローカーの取引で受け取った拳銃をパール団に盗まれてしまいあわてるが、ちゃっかり黒地組の下っ端になった一郎がパール団のアジトをバラしたため真紀たちは襲われ、囮になった真紀は軟禁されてしまう。黒地は、真紀を求うことを条件に、栄三を利用し、運び屋になってほしいと頼む。これが黒地の罠とも知らず、真紀を求うために仕事を引きうけ、無事仕事をやり遂げたた栄三は、リンチを受け、右目を失明しレーサーへの夢を断念しなければならなくなった。
黒地組にあやつられていた事を悟ったユリは、傷ついた真紀やパール団と黒百合会を連れ、脱走をくわだてる。しかし、すぐに計画は発覚し、ユリは影山に殺されてしまう。ユリの死を看取った栄三は、単身、黒地組に殴り込むが果たせず、黒地組の刃の前に散った。一部始終をみていた一郎は真紀に、血塗れの栄三のドス渡し、死んだことを伝えた。真紀は栄三とユリのため、黒地をつけ、栄三のドスで敵をとった。




うち的池玲子は先天性淫婦以来だが、相変わらず10代とはとても思えないタレ乳・・・ごふ、ごふ、もとい色気は相変わらず相当キておるよ。ぷあーん!今回は縛られた上で鞭打ちっつーSMってのがメインシーンだったのだが、やはり甘えた声で「ねぇパパぁ〜ん」って言って胸毛をなでなでするみたいなメス犬のほうがよく合うなと。



今度から胸毛のある人にはこういう対処法で望みたいものです。やー勉強になりますなー。
ただ、殴り合いの喧嘩するシーンは猫がじゃれ合ってんのかって感じだったし、なにより初めて設定がうそくさいし、そうでなくてはいけない理由もようわからん・・・昔のズベ公は根は純なのさってか?ま、映画だからいーか。きっと池玲子だからそう見えないだけだ。


番長つながりで不良番長の香坂弘@梅宮辰夫が出る位なので基本はおバカギャグ下ネタ系。ということで大泉滉のとんまな警官やら、スキューバの格好して女風呂ののぞきを敢行する山城新伍やら、もりもり出てきてデンジャラス。



特に由利徹の絶倫体操のは笑いが止まらないっす。全部作ってあったなら特典に入れてほしいものよ。もれなく制覇したいぞな。ぜひ時代劇チャンネルの「くの一体操」はやめて、これに変えるのだ!(今の世じゃまず無理だけどな。)


相変わらずいい味だしてるのが黒幕の小池朝雄で、キイハンターでも一本トんでる危ないおっさんを熱演してたが、こっちもがんばっております。



ユリを後ろから押さえつけてやってしまう定番?スタイルの時に背伸びしてることがわかるともうエロいシーンがとたんに爆笑シーンに変わるという・・・どこ見てんだろう。相手はヒールだからおじさんもがんばんないとね。撮影の仕方はおもしろいんだけどなぁ。ドンマイ朝雄。最後真紀に刺されてスローモーションで倒れる様はやりすぎなくらい顔筋を使いまくっておって見てて飽きないし、すごい劇的に刺されたように感じる。引き出しのある人の懐具合を堪能できました。というわけで、主役はこの人に断定されているらしいよ。ま、これ見たら他の役者は大根に見えるもんな。


一応ピンキーバイオレンス映画なもんでそこここにリンチやらロウソク攻めやらが出てくるんだけど、パール団の仲間が黒百合会に捕まってコーラリンチを受けるというむちゃくちゃ恐ろしい仕打ちがあるんだが・・・こ、これは怖すぎる!中世の拷問も真っ青じゃいあん。昔怖い昔怖い。


撮影の仕方がアンタほんとにピンク映画か!?と言いたくなるような絵になる撮り方をしていてきれいだ・・・(ごめん。これは花嫁衣裳のモンスリーを見たときのダイスのセリフだ。)とため息つきたくなる。
拷問を受けているのにこの陰影のかっちょよさは一体なんだろう。



拷問シーンがこんなに美しいなんてうちは別世界を見ました。ありがとう。なにがすごいって特に何かしたわけではなく職人の心と技の結晶から来てるって事だ。職人万歳ですよ。
あと、いちばんポルノ映画の看板をはずしてほしいと願った瞬間だったのが、真紀が栄三に抱かれて処女を失うってシーン。



池玲子の色気があるからきれいなのは言うまでもないが、そんなことより紅葉を敷きつめて、「葉の赤」と「木からはらりと落ちる紅葉」という表現を使って処女を失うという言葉にしにくいものを実にきれいにまとめたのがもうすごすぎて言葉にならん。このアイディア商品?はぜひアメリカ産映画に見習っていただきたい。エッチシーン入れればそこそこ売れるみたいな妙なジンクスを脱却してほしいもの。まぁこの妖艶さはむっつりすけべな日本人しか出せないだろうけどね。ぷふー。


今回の露木栄三ははマジいい役どころです。



とにかくモテまくりだし、池玲子の乳は揉めるし、殴り込みのシーンは長い尺とってくれるし、やられも全開だし、ユリから「えいちゃん」と呼ばれるのがかわいらしゅうて仕方ないし。・・・問題があるのはセリフ棒読みくらいだ。


モテモテだけど、えいちゃんは誰でも良いわけじゃないらしい。ユリはえいちゃんの夢の詰まったねぐらにホカホカ栗を持ってって(この時点ですでに卑猥だと勘ぐるうちはダメ子ちゃんだが)、「えいちゃんと再会する前に何度も男と寝たのを後悔してる」って告白まがいまでしてかなりアタックナンバーワンなのに「(元気出して)栗食えよ」と返すし、真紀との勝負に負けてすごく落ち込んで「私を抱いて」と言った時も殴った上、「酔っぱらいは抱かねぇ!」だもんな。





これは友達としての対処法として見ればこれ以上ないくらい申し分ないんだけど、えいちゃんが好きなユリからすりゃむごい仕打ちばかりなり。わざとらしくおどけて見たりするのも何もかも。前もってきちんと振っておくか、あきらめて抱いてやれ。・・・真紀にはそうしたくせに。ねぇ?


モテぶりはストーリーに全く絡まない梅宮辰夫にまでおよんでいる。不良番長様はみやうちくんの兄貴分としてバイクで颯爽と登場し、パール団をてなづけたかと思えば、最終的に後ろに乗せてお持ち帰りするのはカワイコチャンではなくみやうちくんだったり。



その上、主人公が拷問受けるピンチには助けに来ないのに奪われたB級ライセンスを一人で取り戻しに行ってるしさ・・・こいつはヤベェぜと一人妄想しましたさ、ええ。だってそうとしか見えないんだものー。
えいちゃんのモテっぷりは男女問わずなんだね。


だけどこの後待ってるのは右目失明、そして死。ユリが撃たれて虫の息のところを看取るシーンはやっぱりきれい。怪我してて、応急処置かなんかでハンカチ巻いてて、その隙間から血が流れてて、でもユリに死ぬなーと叫んでて・・・死にそうなユリより儚かわいいなんてや〜ねぇ。本末転倒過ぎるよ。





しかしこのシーンが古ければ飛鳥を看取る早川、最近なら小山捜査官を看取る本部長とカブるのは仕方ないのかね・・・。


殴りこみ、組の連中に何度も刺されながら必死にユリの仇を取ろうと立ち上がるもあえなく力尽きるシーンは・・・不謹慎ながらちっとも死んだとは思えなかったっす。もう不死身のイメージはちょっとやそっとじゃ取れないんですなぁ。





でもいいアングルだよなぁ。白黒のバランスが心地よいし、血まみれのライセンスもベタながら死をよく表してて。




で、結局うちはこの映画の何を見てたんだろう・・・思い出されるのはみやうちくんのところばっかりだ。あう。
珍しい事に特典のフォトギャラリーに何枚かみやうちくんがいるんだけど、



これがどうしても劇団ひとりに見えて仕方ないのよ。だれこれ描いたの。




P.S.(わしはあのシーンについてここに書くぜ☆)
なぜマグロという題をつけたかというと、例のエッチシーンが池玲子のヘアを見せないために(多分・・・←相当良い方向に取って。)みやうちくんがほとんど動いていないという悶絶級笑いに端を発しておるわけです。



まぁ外かよ!っていう突っ込みはしないでおくが、がんばってあえぐ池玲子がかわいそうと思うくらいに・・・動かない。もっとここもオーバーにやってくれよぅ。というかなんであんただけ脱いでないのさ。
胸もんでるよーというショック?よりも、池玲子の胸を揉めるなんてうらやましい代わりに揉ませろ!くらいの勢いでござる。というか揉むのすらヘタ、体のラインに沿って動かす手もぎこちない。アンタのほうがよっぽど処女の名にふさわしいんじゃ・・・?
本編にないものは予告編にふんだんに使われてるということで、こんなんも撮ってたらしい。



え!?下なの!!?(うおい!!)
やっぱこの紅葉、みやうちくん用かもしれない・・・と若き日のみやうちくんをいっそう誤解するワタクシでした。
| うるちまい | 00:48 | comments(4) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:48 | - | - | - |
Comment
うるさま、おはよう参謀ちょ!

 いやぁ〜これは大作ですよ。記念すべき63回目のことだけはあります。
 画像もてんこ盛りで。本来なら最初の部分から感想を述べたいのですが(ほんとか?)、みやうちくんのとこをちょっくらいいですかねぇ。それでも多い気がするんですけれど・・・。

 第2弾!乳を揉むみやうちくん!!うらやますぃ〜?どっちがよ?私も垂れるほどのオッパイちゃんをキャー・・・私も「雄」かよorz。手触りのいい感触を味わいたいというのは、男女ともに共通する欲求ではないかと言い訳を。ビーズ枕みたいなもん(爆)?
 褒めまくりの後の問題発言・・・セリフ棒読みってか。だめじゃんorz。一番肝心なことじゃないんかぁ〜。でもみやうちくんだから許す。へっ?いやいやそれでこそのみやうちくんなんじゃろう。

 みやうちくんの3枚目の写真、めちゃめちゃかわゆいですだ。芝居してるって気がせん。自然だよ、自然・・・こんなみやうちくんを拝めるとは、さすが63回目です。
 辰兄ぃがカワイコチャンではなく、みやうちくんおもちかえりなりぃ〜もめっさ分かりますぞ。あんたの選択は正しい!ヤベェぜ妄想をした二人目ですやん。

 そんでもって究極美の「包帯ぐるぐる・血がたらりぃ〜ん」なお顔。包帯部分以外は、すんばらしっく綺麗にみえたりするんだけど・・・それはいいっこなし?お肌が綺麗なので、美しさも益々アップですね。(それはそうと、今ってお肌だいじょぶだったんだろうか?)
 不死身のイメージは私も取り去ることができましぇん。もうね、タカシなみに爆発しないと死を受け入れられないのよね。これって演者にとってどうなんだろう?

 劇団ひとり似はスルーしよぉっと(爆)。

 マグロ・・・なるへそ、こういう意味だったんっすかタラリ…。このシーンで胸を鷲づかみしてるわけですね。揉むのがへたなみやうちくん・手の動きがぎこちないみやうちくん・何故か服を着ているみやうちくん(爆)。なんでやねん。脱いでくれよぉ〜。
 ほんま何やってんのかわかんないね。処女喪失?ってわりに池さんは大胆ポーズなのに・・・。
 予告用に使われていた画像、本編では登場せずだったんですか?とても美しい。やはりみやうちくんはリードされている方がさまになるのか。目をつぶっているところが生々しさを感じてしまいまする。
 誤解しているうるさま。どんなふうに?私も便乗?やはりヒーローはこういったお芝居は苦手なんでしょかねぇ。そこがまた魅力的であると思うのもファンならではなんでしょうが(爆)。

 本文が大作すぎるから、突っ込み感想も長くなっちまったぜ、ゆるせっ!!
Posted by: あかいろ | at: 2008/09/10 5:45 AM
>あかいろさま
ちょっとー!劇団ひとりをスルーしないでくださいまし!!結構好きなんですけどあのすべり具合は。おかげで大好きなふかわくんに全くお呼びがかからなくなっちゃいましたけどね。ふ。
・・・あ。こんばんわー。

よくこんな書きましたね〜いままでで一番の長さかもしれないですよ。そんなにつっこめましたか、さすが不良番長オンナ版なだけはあります。うちもたくさん画像を載せた甲斐があります。
これ見ちゃうと、4作目の「女番長(スケバン)」見たくなっちゃいますよねー。海外版を個人輸入すれば手に入るんですがいかんせんDVDの規格が・・・パソコンならカンケーないという噂も聞くんですけどもね。やくざ刑事と麻薬売春Gメンも出てるんだよな・・・はよ日本で出しておくれな。

爆発しないと死んだように見えないなんて・・・不憫。といってもうちの中でタカシはあんだけ派手に大爆発しても死んだ事になってないんですけども。女必殺拳くらいかなぁ、ああ死んだのねって認識したの。(少な!)
最も死ぬシーンはライセンス部分を一生懸命見るのに忙しくてっていうのもありますが。結局「春日通」しか分からなかった・・・しーくしく。どこだよそれは。京都に住んでたら分かるもんでっしゃろか・・・。
この映画は大阪とか京都の観光地がふんだんに出てくるので(万博跡もばっちりと)、今年の初めに行った独り者旅行の記憶をたどりながら見ても楽しかったですね。祇園通りの八坂神社付近は路面電車以外そんなに雰囲気が変わってないんですねぇ。実際に京都行った時はぜんぜん感じなかったですが、昔の映像を見ると、浅草っぽかったのがショック。というか垢抜けない浅草に(笑)。

なんだか文面からどんだけ下手な揉みっぷりなのか見たいという空気がしてくるのは気のせいでしょうか・・・。↓こんなですええ。
http://amou38.img.jugem.jp/20080910_481305.jpg
スローモーでいかにもってシーンを探してもいつの間にか終わってしまうくらい様になっておりません。まぁこれみたら女の子とは始め・・・いつも下・・・自重いたします。これより、その後のシーンの手↓
http://amou38.img.jugem.jp/20080910_481304.jpg
にとにかく大嫉妬です。珠純子さんの次にウキャー!ってなる事請け合い。

>今ってお肌だいじょぶだったんだろうか
それはねぎらいの言葉とともに実際に聞いてきておくんなまし〜!
Posted by: うる | at: 2008/09/10 10:29 PM
うるさま、おはようござぁ〜いっ!

 そっか、タカシでさえも死んだって思えないかぁ。確かに死体になったシーンが出てこないから・・・いつもの調子?で煙の中からゆっくり歩いてきてもおかしくはないですかねぇw。
 女必殺拳は見てないんですが、うるさまが唯一みやうちくんの死を感じた作品ということで、あまり見たくない感じもしまする。

 今年の初めに独り者旅行(ネーミングがおもろい)されたんですか。京都に?そのころは、まだ私こちらに伺う前だったんだわ、と思うととても遠い昔に思えてきますねぇ。何度こちらに書き込みさせてもらっていることやら。その度に返信つけてもらって、ありがとうごぜーます。

 下手な揉みっぷり。ウギャーはずかすぃ〜。揉むのに下手やら上手いやらがあるんですか?
 画像・・・拝ませていただきやしたぜ。でもいまいち誰が揉んでいるのやら、はっきりせんかもですが。わたしゃ左手の位置よか、顔の位置にドキドキしてしまいましたがな。オッパイちゃんにキスされとるんでっか?書きながらこーふんしてしまいましたよorz。

 2つ目のリンクも拝みました。ムキャーええやんかいさぁ〜。こっちの方がうらやましいよ。できれば、みやうちくんの顔が拝めるアングルで撮ってもらいたかったが。。。想像しときますです。
 こういうのやってもらいたかったりして。そんで、このあとキスまでいったのでしょうか?

 お肌の様子。聞くよか触らせてぇ〜って。ムリムリ・・・
Posted by: あかいろ | at: 2008/09/13 10:25 AM
>若干暴走気味?のあかいろさま
こんにちわ〜。
女必殺拳はみやうちくんの死を感じてああ落ち込む・・・というより、やっとくたばったーよかった、に近いですかね←不謹慎。まぁちゃんとえっちゃんが悲しんでくれたからって言うのが一番でしょうが。
だってどれもこれも死んでるはずなのにそうは見えないものばっかりなもんで、ちゃんと死んだように見える演出をしてほしいと切に願ってしまうわけですはい。だがもはや、だれかに抱きかかえられて悲しんでいる間に腕の中で死んでいくみたいなベッタベタなのじゃないとダメかもしれないあのお方・・・。

揉み方は上手い下手じゃ分かりにくかったら自然か不自然かっていうのでどうでしょう?明らかにカメラの前でやるのに慣れてない感じなので。別にAV見て見習えとは言いませんけど、なんだか指先が拒否ってるように見えなくもないのです。遠慮なんてしないみやうちくんがこれなので、ほぼ初めてに近いんでしょうね。先天性淫婦ではキス止まりでやってないし。それを思うと、平成金融道ってがんばったよなぁ・・・うん。
二枚目ご賛同いただきありがとうございます(笑)。これ、もし顔が映ってたら珠純子を追い越します、ええ。ちなみにこれは情事後のシーンでごわすが、キスは無かったですねぇ。撮ってたかもしれないけど。

全くカンケーないですが、リンク先に飛びまくる所業を繰り返すうちに昨日、エロに走った陵辱されるヒーローのコラージュばかりをのっけてるどえらいブログを見つけまして・・・凹凹凹。V3があれやこれや・・・えぐい。フェチ系は軽い気持ちで見てはいけないですね。あ。変身前はさすがに無いですよ。ええ。あってもただリアルで夢が無いし。マスク被ってるからいいのでしょうね。
その方はキザな鼻持ちならない感じのV3(そんなか?)が堕ちる様がそそるらしいです。なんだかSっ気が強いというよりヒガミっぽいのう。
Posted by: うる | at: 2008/09/13 3:48 PM







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin