Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
何がなんだか・・・
ご近所にあるツタヤにあったので、ウルトラセブンと共に借りてみた。
・・・このラインナップって、店員さんから見てどうなんだろうね・・・。どっちが本命なんだろうって絶対思うよね・・・両極端すぎて。どっちも本命なんだけどね。

ってことで、「実録・夜桜銀二2」をかるぅ〜く。




↓ストーリーをGOOから転載。
銀次死亡の噂が流れる中、九州では別府で組を構えた石神組と筑豊連合との抗争があちこちで頻発していた。
そんな中、石神のお陰で一命を取り留めていた銀次が、筑豊連合相手に大暴れを開始した。
だが、その背後に坂道組若者頭・山形の存在があることを察知した筑豊連合は、何も手出しが出来ない。そして、それをいいことに銀次の暴走はますます過激になっていくのであったが、遂に銀次は刺客によって殺されてしまう。
これを知った石神は、銀次の弔い合戦を決意。関西勢が一気に九州に雪崩れ込み、戦争に一触即発の状態となる。
ところが、中須一帯で起こった大停電により戦争は回避され、事件は手打ちとなって収まるのだった。




この映画、ちゃんと1を見ないと正直言って、何がなんだかまったく分かりません!
人物関係も、誰がどんな関係なのかも、途中までホントさっぱりだし、いきなり夜桜銀二は生きてるのか死んでるのかわからない状態で(題名が夜桜銀二2ってついてるだけに生きてるのは当たり前なんだけど)30分くらい翔さん出てこないし・・・。なんだろうこの若干損した気分・・・。
やっぱ翔さんが最初っから出てこないと盛り上がんないんだけどー!ぷんすか。

キャストを見るとやっぱり、東映が関わる任侠モノには絶対欠かせないな、と思う人しか出てないので安心するというか・・・時代劇とおんなじノリですなー。



この映画に「実録」と付いてるのは伊達でなく、ちゃんと 夜桜銀二事件 というものがあったらしいよ。
ずいぶん前っぽいね。菅原文太主演で70年代に作ってヒットしたらしいので、結構有名なんだねぇ。
停電で大戦争が回避されたってのが本当にあったって所は現実は小説より奇なりをまんま実現してて、おもしろいねー。過去って楽しいなぁ。



で、「2」なだけに、ヤクザ系のキャストには入る余地はがないと思うから、みやうちくんにいったいどんな余地が・・・と思ったら、本編内に役名はないけど、石神建設が破格の安さで入札を勝ち抜き、受注をもらったので、下見がてら見に来た依頼主のお偉いさん、って感じでした。



・・・またステレオタイプだー!でたー!!!
しかも、またこのメガネ・・・げらげら。
最初見たときよりは慣れてきたけど、やはりメガネは・・・どうなんだ?絶対老眼確実だからいつもこれ使ってる・・・とかだったらどうしよう・・・あわわ。まぁいいか。
サイバーシスターズの台本の読み方を見る限り、そうとう老眼は進んでそうだけどね(爆)。



しかもセリフがまた、2つしかない。
「あんたが余りにも低い価格で落札したのでね。工事が手抜きになるんじゃないかと心配する向きもあるんだがね。」と、「いや〜さすがだね石神さん。で、什器の方はどのくらいなのかね。ごにょら〜(小さすぎて聞き取れん)」だけ。
う・・・う〜ん。
もうすこしやってくれないかね・・・。これだけだとこのためだけに借りてるおいらはちょっと悲しいぞよ。
こういう建設会社のお偉いさんみたいな、役職上の方の役をやるとこうなるみたいなパターンが出来てるので、他にリンクさせるという別の楽しみはあれど、やはりもうちょっと・・・見たかった。



こんな感じで普段は偉そうにしてるおじさんも、横に一緒に歩いてる石神が狙撃されると





一番後ろでこそこそしちゃったよ!しかも部下?を盾にしてるよ!!(爆)
そうか。改造人間は銃弾には弱いんだねきっと。バダル弾も脳内に入っちゃったしな。抜くためにたったまま手術受けたしな。もうこりごりって感じなんだろう。(番組も役柄も違うから!)




そんな中、ちらりと見せる笑顔?はあいかわらずドキュンですな。(知識が乏しそうな人を指すときに用いられる方じゃないぞ。)

| うるちまい | 00:12 | comments(2) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:12 | - | - | - |
Comment
待ってました。みやうちくん出演番組レビュー。やんややんや。

久々にしてセリフ2つ。どひゃぁ〜。お疲れ様でございました。
私も以前1つ「赤穂城断絶」で経験しましたんで、(登場シーンの少なさに)びっくり?がっくりのお気持ちはよくわかりますです。

いつものごとく、内容はどーでもよく(爆)スルーで、はい、みやうちくんとこね。調べてみたら、01年の作品ということで、みやうちくん55歳くらいになるのかな?
たった8年前なのに随分と…モゴモゴ。。。
(髪は)ステレオタイプだから仕方がないにしても、やっぱり七三分けは(私的に)いただけませんなぁ。やっぱり帽子必須だったりして(苦笑)。
狙撃シーンは、(みやうちくんを)よう見つけられましたね。小さすぎてわかんないでしょうに、やっぱり愛でしょうか?この小心さもなんともいえない(苦笑)、あきれた刑事を思い出したりして。
ドキュンな笑顔もごちそうさまでした。こういった一瞬の表情がなんともいえないですね。この一瞬のために借りた1枚。まるで砂金でも探しているかのような作業ですな。旦那ぁ〜。見つかればめっけもん?
そうそう、私の場合ドキュンじゃなく、ズキュンな笑顔になるかな?

しっかし、たったこれだけの出演シーンに、よくもまあこれだけのことを書けるってもんで、それに対して私も。。。長々失礼しました(汗。
Posted by: あかいろ | at: 2009/05/01 12:55 AM
>あかいろさま
こんにちわ〜。

こんな少ししかないのですみませんです長々と。
実はこのあと、ちゃんといっぱい出てる女番長が控えてるはずなんですが・・・まだ見てないという。おれだめだー!!
今月入稿が重なりまくりだし、予定も入りまくりだし、通信教育もしなきゃいけないしいつになったら見れるのか。あうち。

内容はどうでもいいって言うと、本当に終わっちゃうので無視しないであげてくだされ。(汗汗)本来ならば、翔さんに萌える為の映画なんで、邪道すぎてごめんなさいですよ。むしろ。本来こういう見方しちゃいけないとは思うんですけどね・・・みたいんだもの。にんげんだもの。
>8年前なのに随分と・・・
それがアラカンの恐ろしいところです(どひゃ!)。
現在と比べれば確かに若い感じしますね。
・・・ああ、やっぱうちは許容範囲が広がってるなぁ。最初の初々しい気持ちはどこに行ったんだろう。2000年までしかヤダとか言ってたあの頃・・・うふん。いや、慣れるって良いことですよね。慣性の法則には従えってことですよきっと。(なんだそりゃ。)
狙撃シーンの画像が小さいのは単純にブログに合わせてるだけなんでビデオで大画面で見ればでかいですよ(笑)。そりゃ拡大されますから。
ぜひビデオを借りて小心者っプリを動画でご覧になってくださいな・・・ほんと1分くらいしか出演してないですけども。
レンタル料に換算すると・・・半額の180円で借りて90分あって1分しか出演してないから・・・2円!?
ぐふ。なんてひどい映画だ!!こんなんじゃみやうちくんファンでも借りたくないですね(笑)。うち借りちゃったじゃん・・・。
Posted by: うる | at: 2009/05/02 3:47 PM







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin