Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
世は満足じゃ
以前録画を取り損ねた忌まわしき例のブツ「水戸黄門」を見る機会に恵まれた!おひょう〜!!しかも書いてだいじょぶそうというお墨付き。ふひょう〜!!
なので喜びに満ち溢れておりまする!
・・・たとえみやうちくんがううんしくしく、という前評判を聞きつつも。




第二十三話 京の都に恋の花・京都のちょろりストーリー。
黄門様ご一行は京都到着!すると、扇の上絵師の修行中のおぬいに会う。そこに、助けてくれと駆ける若侍が。助さんと格さんで撃退するも、気づけばふたりは消えていた。
その頃逃げた二人は、若侍・小次郎の初めての京ということもあって観光をすることに。
しかし、二人をたくみにつけていた何者かによって襲われる。
そこへ、お銀と飛猿がたまたま通りかかり、撃退。
弥七が調べていくと、小次郎は備中松山・水谷家の跡取りだった。最初に追っていたのは家来で、次に殺そうと狙ってきたのは亡き者にしようとする国家老の手先であったのだ。
ひとまずおぬいの元に泊めてもらうことになった小次郎はようやくおぬいを突き止めた黄門様に「自分らしく何をするのか?」と問われ、弾みで「上絵師になる!」と言ってしまう。
とりあえず修行させてもらうことになったが、そのとき、おぬいがさらわれてしまう。
時間が来るまで小次郎は上絵を描かせてもらう。おぬいとの記念として。
そして、明け六つ、取り戻しに小次郎は向かう。が、おぬいを盾に取られて、うごけない。
そこへ黄門様ご一行が到着!今日もまた印籠が光りました。



う〜ん・・・。全体的に可もなく、不可もなく、ふつうでしたなぁ。
話もお家騒動だったし・・・。もはや定番すぎて、黒幕を推理するほどでもないぜ。黒幕は家老と決まっちょる。
特筆すべきは京都観光旅行のシーンでしょうかねー。結構がんばったと思うんよ。
製作会社のC.A.Lはたぶん京都で撮ってるんだろうけど(多分ね)、諸国漫遊の旅だから気軽に京都の有名な寺社仏閣を撮れないのでここぞ!とばかりにやっちゃった感が満載。
三十三間堂とかわりかしメジャーモノばかりだったけど、まぁこんなもんでしょうなぁ。プチ旅行に行った気分に浸ったよ。メジャーすぎる金閣寺とかは出なかったのでそこも良いかと。
京都はちょっと外した場所に行くとめっちゃ心安らぐ!
大人になったら特にそう。


今回、由美姐さんの入浴シーンも、助さんのエロっぷりもほとんどなくて、おいらは若干悲しいです・・・。
レギュラーメンバーのそういう性格が出るところって、ご長寿モノは描かれてる様でほぼ脳内補完させて終わりってのが多いので、せめてどっちかがほしかったぜ・・・。
そして、シンケンジャーの所為か、伊吹さんが格さんに見えなくなってるこの衝撃がここに。
これはヤバイ。脳みそよ、シンケンジャーのことは忘れてくれ(爆)。


改めて、主題歌をきちんと聞いた。
あおい輝彦と伊吹吾郎がかわりばんこにデュエットしてるんだが、伊吹さんが低音を歌うところになるとハスキーになるのだよ。
あおい輝彦のほうが、なれた感があり、うまいんだけど、伊吹さんの一生懸命っぽい歌が萌えますな〜。





みやうちくんは今回、ごろつき道場主の風見又十郎ってのが今回の役立ったわけだけども・・・



お願いしますだ。
頼むから、悪役に「風見」姓をつけるのは勘弁してください。
風見さんはおぬいを盾にして切りかかるようなえげつない人じゃありません!
若殿を斬って剣術指南役にしてもらおうなんてセコイ人じゃありません!仮に殿を斬っても、ついでに自分も裏切られるだろうとなぜ分からぬのか。


性格とかはさておいて、単純に出番だけを見た場合、これが意外と出てるんだな。
黒幕じゃなくて、下手人のリーダーなので、自然と出てくる回数が多い!やっほい!!



しかもですね、また尺の所為?かわからないけど、いやに決めポーズをするシーンが多い。
構えて一秒くらいはじっとする、みたいなパターンが何箇所かあって、微妙に似合ってないカツラさえ何とかしてくれりゃあかなりかっこよいのです。
うん、やっぱカツラだよな。
浮浪者っぽくアホ毛がひょろひょろと出れば出るほど、老けて見える・・・ガーン。

ただ、よーくみると、なんか一部にメッシュが入ったように茶色いところがある。
も・・・もしかしてこれでも身だしなみには気を使うおしゃまさんだったのか!?・・・びつくり。
宮元武蔵のメッシュ結構気に入って、いつかやりたいと思ってたのかなぁ。



全体的に「ほげ〜」と眺め暮らした感が否めない今回のなかで唯一、笑ってしまったのは、印籠を出すところ。





他の人はご老公様!?と驚くだけなのに、一人で先走って座ろうとなさっておる!!
どんだけ幕府に信心が深いのさ風見さんは。
| うるちまい | 01:05 | comments(2) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:05 | - | - | - |
Comment
 時代劇な、みやうちくんにほとんど出くわさないので、いいなぁ(m'□'m)と思っています(^^ゞ

 しいてあげればズバットでわざわざ?変装してのアクションくらいかな?

 話変わりますが先日ファミリー劇場でウルトラマンレオ見てたら小野ひずるさんがゲスト出演している話がありました!

 かぐや姫をモチーフにした話で(この時期のウルトラは「日本の童話から」シリーズがあり、桃太郎や鶴の恩返しをモチーフにした話が多いです)、ひずるさんはかぐや姫でした!
 なので、月に帰りました(マジ)!

 レオも色んな意味でオススメです!

 仮に、みやうちくんがウルトラマンになるとしたら、レオの弟のアストラが良いかと(^^ゞ

 宇宙の風来坊みたいな感じに見えるので(;^_^A

 でも、ご本人は嫌かも(o^o^o)
Posted by: ロボ | at: 2009/05/09 12:09 PM
>ロボさま
超ちょい役なら意外とあるんですが・・・ほぼ主役級になると最近あまりCSでもやってないですね。
まぁ最近のになればなるほど動きが同じで笑えるからどれ見ても・・・(ry

レオに純子さんが出とるとですか!そいつは知らなかったー。
けど、ひずるさんがかぐや姫なんて似合いすぎる!やんやん。
昔話シリーズとか、怪談シリーズとか、話に聞く限り「え?ウルトラなのに?」って気持ちが拭えないんですが、ひずるさん見たさにその回探してみるっす!
こうなったらレオの頭がミルククラウンみたいでなんだか・・・なんて言ってらんないわ!
Posted by: うる | at: 2009/05/09 2:50 PM







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin