Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |
イイ殺陣だ〜
おばあちゃん家に久々に!そして衛星をむひょひょ〜とか言ってつけたら・・・つかないじゃないかぁ!?
契約期限が切れてますとかの表示が出て、電話とかいろいろして見れるようにはなったんだけど、わっせらーとしてたら、なんと10分見逃した!ふんが!!

その間出てないといいんだけど・・・。
若干消化不良だけど見れたからよし!とするか。ってことで将軍の隠密!影十八いってみよー!




↓中途半端なストーリー。
〜ここは見てないのでその後の話からの予想〜
江戸の両国で火事が起こり、多数の災害者が出た。そのための義援金が千両も集まったが、何者かに盗まれ、一橋宗尹は隠密の雨太郎たちに行方を探すよう指図する。しかし密告があり、すぐに星五郎が下手人として捕まり、金の行方はすぐわかるかに見えたので、依頼はいったん中止。猪之吉と幹は人助けのための炊き出し所に潜り込んだが意味がなくなりそのまま居残ることに。取り消されたので音次郎と雨太郎は飲んだくれ。
〜ここからみた〜
しかし、星五郎は取り調べの最中に突然心臓発作にみまわれて、死んでしまう。そのため探索のやり直しとなった。もう一回依頼を受けた、と雨太郎は仲間たちに報告すると、幹から星五郎ほどの大罪人を番屋敷でなく、町外れの番屋で取り調べてたこと、与力を操る男がいるらしいこと、当番の医者でなく、わざわざ炊き出しのところでけが人の治療をしていた幹が呼ばれたことの3点がおかしい、と言い出す。金を横取りしようとたくらんでいるやつらがいるようだ。
きっと在処は星五郎が囲っていたおりんが知っていると睨んだ与力の赤堀は、遺体をおりんに返し、岡っ引きの徳三に見張らせる。おりんはよく出入りする鍼医者の宗玄に頼み、つてを頼って星五郎の墓を建ててもらう。手を合わせ祈るおりんに徳三が姿を現し、本当は金の在処を知ってるんだろうと迫る上、おりんを手込めにしようとする。そこへ雨太郎が通りがかりと称して現れ、なんとか収まった。
赤堀たちをつけた音次郎と猪之吉は盗賊の上前をはねようとしているのが旗本の名家・加賀爪外記だと調べをつける。しかし相変わらず密告者は分からなかった。
おりんは近所から罪人の女として、石つぶてを投げられ、ついに家まで追い出されてしまう。不憫に思った宗玄が私の家に来なさい、と言ってくれたので安心するも、なんと正体は星五郎の仲間の磯吉であった。金もおりんも独り占めしたくなり、密告したのだ。また手込めにされそうになるが、徳三が見ているかも・・・とおびえ続けるため、磯吉は徳三に鍼治療すると見せかけ、殺してしまう。
幹はむしろからのぞく首筋にある鍼で刺したような小さな穴を見抜いた。仲間に報告すると、雨太郎は鍼医者の宋玄がしきりと周りにいたことを思いだす。居所を探るなら奉行所を利用しようと早速密告状を出すことに。
赤堀たちは密告状を受けて、早速宗玄の家に向かう。磯吉を問答無用で番屋につれていこうとすると抵抗したため、斬り殺してしまう。おりんに金の在処を聞き出させ、横取りする作戦だ。まんまと図に乗り、おりんは金の在処を聞き出し、在処を知ると夜中一人で掘りに行った。赤堀は金を横取りした上、殺そうとするが、雨太郎がつけていたため、おりんは助かった。金を独り占めしようという気を起こしてしまったおりんをとがめることはなく、金を奪っていった加賀爪を討ちに行く。



三田村邦彦かっこよすー!!!



殿様風来坊隠れ旅をリアルタイム毎回視聴してきたおいらにとって、もう感無量といいますか・・・時代劇に出てるだけで高揚しちゃうぜ〜!ゆんゆん。
表の顔は髪結いさんと言うことで、髷はあるけど普通っぽいのでえらく自然なみたむー(今勝手に命名)。このころのガリガリすぎない時期はもうサイコーにかっこいい!
このころマジで絶好調ですわ!
みたむー主演時代劇第4弾とかやっちゃうよねこれじゃ。この儚い感じきゅ〜ん!

まぁ・・・
あえて難を言うなら、最後の加賀爪を斬るシーンとかが、(どうも予算の関係らしいのだが)必殺シリーズっぽかったからもっともっと髪結い道具に根ざした武器を使ってほしかったかな。
糸切り鋏をぴゅる〜って投げるシーンはあったけど。
そんくらいか。
これはみたむーのためのドラマだからもうこれでいいです!


幹はなんとナンノでした!気づかなかった・・・。
やはり「おまんらゆるさんぜよ」と土佐弁を交えてくれないと気づきにくいということか。
ううん。ごめんよ。


里見浩太朗は隠密側の黒幕で、なんかすごい珍しい気がするっす。里見氏が主役か大将以外なんて見たことなかったもんで。
話の筋からいえば正義の味方といえるけど、自分の出世の邪魔する人を排除してると見えなくもないから余計にそう感じるのかな。

あと、このドラマを見てると、里見氏はポジションWSPの本部長だよな・・・、とつくづく感じる。



あまり出番がないから救われてるが、みたむーと並ぶと、彫りの深い神々しいほどの色気と存在感に圧倒されて、霞むんだよね・・・。
みたむーガンバ!



今回のみやうちくんはものすごく珍しくいろんな意味でやり手の黒幕、加賀爪外記(げきと読むらしい)ですた。
金を使って幕閣にのし上がろうとする分かりやすいタイプの黒幕で、服装はどえらくきらびやかで緞帳みたいな感じ、刀の手入れはコレクションの手入れ風と、また相変わらずでありがとうだった。



失礼だと毎回思うんだけどもう出た瞬間からわざとらしくておもしろくて笑っちゃうんだよね。
刀の手入れの時に使うポンポンの使い方からしてざーっとらしい。すごいやっちゃ。
せりふも変なとこで間ができるってのも相変わらず。
むふ。

で、何でやり手かというと、ここが一番の見所、みたむーとの一騎打ち!という普通じゃあり得ない緊張シーンがあり、ふたりの殺陣シーンの時間が多くて、しかもみやうちくんの獲物は槍だ!めずらし!!すごいす!



槍が似合ってるかどうかの議論はまぁ屋根裏部屋に放り込んでおいとくとして、衣装が重そうなのをものともしない重量感を持った構えは、みやうちくんの持ち味が十分に出てるんじゃないかと。
しかも構えてるところの表情があまりにも美しすぎる!この犯罪者め!(爆)


肝心の対決シーンは





こんなかんじで画面上では対称に写りつつ、にらみ合い、4手くらいは打ち合うのよ。
加賀爪は、隠密が床下で盗み聞きしてる気配を察知して自ら殺そうとするくらいの出来るヤツなのだけど、この時点で主人公との決着がつかないのがすごいぜ!



でみたむーがおっと!とばかりに色気を振りまき、障子越しに相手の気配を読みながらのにらみ合いモードに突入する。





ここでも対称に画面を撮ってる。
ここが本当に緊張の一場面ですごくいい!





最後は加賀爪が攻撃しするも、雨太郎が槍を押さえつけて引っ張り、障子を突き破って出てきたところをばっさり!とやる、というすごく見応えがあるやられっぷりで、殺陣をやるならこれくらいやってくれ!と常に思ってた人間としましては本望ですな。
低予算がいい効果になるってこういうことなんじゃないかと。
派手なのもいいけど、うまい殺陣ならじっくりと見たいもんね!


みやうちくんはこのときたぶん50歳だが、オーレンのあとだが、どうもやたらと若く見える!黒幕に見えづらい!!正直若様に見える!こわいなぁ芸能人・・・。
年齢上はもう出世してないとまずいだろうが、見た目からいえばこんなもんか。
96年の作品って魔界転生があるくらいなので、妖艶なのがおおくてうれしくなっちゃいますな!むふむふ!!!
| うるちまい | 20:36 | comments(2) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:36 | - | - | - |
Comment
久々に不健全な時間でする、うるさまこん番場ぁ〜v。

今回のレビュは早いですなぁ。私ぁ、まだDVDに落としただけで、まだ見とりゃせんですばい。このままじゃお蔵入りになりそうだったけど、そんな「イイ殺陣」なら、いっちょ見てみましょうか。
と思ったはいいが、こんな時間でなおかつ今キイハンターDVDに落とし中(苦笑)。また今度。でいつになるんだろう(爆)。

いっくら絶好調期のみたむーでも、それをしのぐオーラのこうちゃんでも、私は眼中になく…一直線にみやうちくんですな。って、いつものことでしたか(苦笑)。
わざとらしくておもしろくて笑っちゃうっていうのも、セリフに変な間ができちゃうっていうのも、それを総称して…(一般的感覚では)演技がムニャムニャ(ごまかしましたww)と言うのではないかと。。。(汗)。
でもね、そこがファンにはたまらんところであって?(って、私だけかな?)、みやうちくんだからこそ「出てきた瞬間おもしろくって笑っちゃう」のではないかとも思うのです。書いてて意味わかんねぇー(汗)
そこにファンはキュンとくるのではないかと。私はそこんとこ無事クリアしているようなんで、確かにファンなんでしょう(爆)。
もうみやうちくんが出てくるだけで、キュンキュンでテレテレでハラハラしちゃう。こういった感覚は、どんな人に対しても現れない現象ですわ。やっぱみやうちくんは最高っすv
Posted by: あかいろ | at: 2009/05/25 12:56 AM
>あかいろさま
こんばんば〜。めずらしいですね確かに。あざ〜す!
しっかし・・・頼まれごとをほっぽりだして何やってんだか・・・通信教育もしないで何やってんだか・・・。

今回のはぜひ後半10分だけ見てくださいませ!みやうちくん自体はちょびちょび2シーンくらいかと思われなのですけど、殺陣シーンだけは見てよかったなとホント思います。
最近助け人を買った所為なんでしょうけど、ほんとそっくりな作りかたしてて、そういった面からも面白いし、清兵衛VS龍の時のようなハラハラ感はたまらないです。
殺陣も二人っきりなので結構どっちも重点を置いて撮影されてて、いい絵が満開でムフムフが止まりません!
もちろんみたむーが相手だったからってのもありますが・・・。こればっかりは幼少時の刷り込みなんで勘弁してくれ。あの時期はみたむー好きだったんですよ!軽く小学生でしたが・・・。この時点で同学年とあいれなさすぎ。

>みやうちくんだからこそ「出てきた瞬間おもしろくって笑っちゃう・・・
たしかに、他の人って出てきただけで大爆笑ってのはないですね。というか、そんな反応普通じゃないです。何で笑っちゃうのか・・・おかしいなぁ。
キュンとかじゃなくて爆笑ですもんねぇ・・・(爆)。
Posted by: うる | at: 2009/05/25 1:14 AM







Trackback

Links
New entries
Recent comment
Profile
Categories
Archives
本部長点取
Search
PR
Admin